プッシュアウトスライスを改善する対策と手立て

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回はスライスを直すための方法を動画で紹介します。

スライスを直す方法に特化した内容をこのブログでは配信しています。

あなたもスライスを一刻も早く克服したいという場合は、スライス克服の記事を継続してアップしていますのでいろいろと確認してみてください。

 

では、今回の内容に入りますね。

 

右方向へプッシュアウトのスライスが出てしまう人の対処方法になります。

やはり、クラブが後ろから回り込んで自分で思っているよりもクラブのヘッドが背中側から回り込んできて右方向へのミスが出る人といのも多いです。

インサイドからクラブを下せているということはいいことですが、極端なインサイドアウトの軌道になっている人もいる。

なかなか少ない傾向ですけどね。

これでは右へ右へとプッシュアウトしていくことも仕方のないことだと思われるかもしれませんが、こういう人はちょっと意識を変えるだけで左へ戻ってくるドローボールに球筋を変えることが可能です。

ダウンスイングでクラブは寝て入ります。

ダウンスイングの初期段階でクラブは寝て入って、インサイドからクラブが下りてくるわけです。

ここまではできていても問題はココからの腕のローテーションができないとインパクトではクラブフェースは開いてしまいます。

この腕のローテーションがプッシュアウトスライスを克服するカギになります。

もうこのサイトを見てくれているあなたはかなりスライスを克服するための知識というかメカニズムは頭に入っていると思いますので大丈夫だと思いますが、ダウンスイングで寝て入ってきたクラブは右腰あたりに手元が下りてきてそこから腕がローテーションして寝て入ったクラブが立つ動きへと変わります。

この意味を解説しているのがこちらになります。

以前、竹村プロの記事でも前腕をローテーションするその動きはドアノブを回す動きとそっくりであるということをお伝えしました。

まさにこの動きをマスターすることがプッシュアウトスライスを克服するためのポイントになります。

今一度確認していないという場合は確認してみてください。

では、話を今回の動画に戻しますね。

極端なインサイドアウトの軌道の人は、

クラブヘッドが体の後ろに行こうという動きが出やすいです。

ということを言ってます。

でもまずはこれでOKです。

なるべく垂直な感覚を持ってスイングしてみてください。

ということを言われていますが、これはあまり気にしなくていいです。

 

垂直なイメージを持ってスイングしたら多くの人がトップからフェース面をすぐにボールに向けて下ろそうとしてしまいます。こうなると今度はアウトサイドインのカット軌道になったり、またすくい打ちの手首の動きになってアイアンではダフったりトップしたりの繰り返しになってしまいます。

だから垂直をイメージしてもクラブは斜めになります。と言われていますが、垂直のイメージは持たない方がいいです。

 

だいたいスライスが嫌で捕まらないのが嫌な人と言うのは腕のローテーションが出来ていないということが言えます。

腕がしっかりローテーションしてくれたら球を掴まえていくことができます。

しっかり球を掴まえるために腕をローテーションさせることを意識してください。

こうやって意識することでもスイングというのは変わっていきますし、はじめのうちはローテーションもなかなかできないかもしれませんが、慣れて来たらできるようになりますから。

 

クラブを手で操作するという人はあまりおすすめできませんが、腕を返すというか前腕を回すことによって、インサイドから下りてきたクラブが途中から立ってきますので、フェースターンが起きながら球を掴まえていくことができるわけです。

 

よく腕を返すというイメージがあると間違って腕をケンカさせて使うものだと思っている人が多いですが、腕を返すという事は前腕を回すという事です。

ダウンスイングの初期段階からではなくて、下半身から切り返したら⇒前腕を回す。ということ。

これをはじめは意識してやること。

体が動きを覚えてくると意識しなくてもできるようになります。

そうやってプッシュアウトスライスを対処していくという事です。

 

まずは、体の回転でスイングしてそれでどうしてもヘッドが垂れてしまってプッシュアウトスライスが出てしまうという場合は、腕をローテーションさせる意識を持つこと。そうすることで、インパクト前後で前にヘッドが動いてくれますのでそれで対応してみてください。

あなたが、プッシュアウトスライスで悩んでいるのであれば、参考にしてみてください。

スライスが直らないとゴルフはなかなか上達しませんし、右へ曲がって弱々しく飛んでいくボールはやはり打っても気持ちがいいものではないですよね。

 

スライスを直すことはゴルフを上達するうえでとても重要な要素の一つです。

スライスが直らないとコース戦略もままならないし、また飛距離も出ませんので、ゴルフを上達させて楽しみたいならスライスの克服は必須と言っても過言ではありません。

中にはスライス打ちでも納得してゴルフをしている人もいますが、飛距離不足でティーショットで飛ばす人に比べると圧倒的に一打目で置き去りにされるので、そのうちゴルフが楽しくなくなってくる可能性が高いです。

 

貴方がもしもスライスで悩んでいるのであれば、僕はメルマガでスライス克服の近道をご紹介しています。

ですので、気になるという場合はメルマガ登録してみてください。

 

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto