スライス撲滅オンプレーンスイング習得の練習方法

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

今回のスライス撲滅動画では吉本巧プロのスライス撲滅ドリルになります。

 

吉本巧プロのレッスンはツアープロ選手も実践している短期間でスコアアップが可能なレッスンです。吉本巧プロは世界ジュニアマスターズ日本代表の実績を持っています。

 

オンプレーンドリルというやつでこれを行うことによって、ボールがよりまっすぐ行くようになります。

この動画ではアウトサイドとインサイドのスイング軌道が分かりやすく解説されています。

 

https://youtu.be/Fh4evq8rZOs

 

構えた状態でクラブシャフトの延長線と喉仏の間にできるラインをオンプレーンと言います。

 

このオンプレーンに沿ってダウンスイングができるとボールがまっすぐ飛ぶことになります。

 

ボールと首を結んだ線よりもグリップもクラブのヘッドも前に行ってしまったらアウトサイドからクラブが下りてきてスライスすることになります。

 

でも、動画のようにおもちゃの刀を使うことによってトップの位置を正しい位置に上げることができるようになります。

 

そして、ほとんどの人がトップの位置で手元がボール方向へ出てしまいます。

トップで上がった右肩、右ひじ、そして上半身の形をキープしたまま、ゆっくりおろしていくことによってオンプレーンのスイング軌道になります。

切り返しをゆっくり行うという事ですね。

切り返しをゆっくり行うというのは初めのうちはやってみるとかなり気持ち悪いと思いますが、ぜひトライしてみてください。

 

動画のようにおもちゃの刀をトップからゆっくりおろしていくイメージをもつことによってオンプレーンスイングを作っていきます。

 

クラブの軌道が正しければスムーズに刀をさやから抜くことができます。

 

このオンプレーンのスイングは最初はイメージしにくいです。

 

でも、一度このオンプレーンのスイングを習得すると上達の近道になります。

と動画で解説されていますね。

 

おもちゃの刀なんておもちゃ屋さんに行ったら安く売っていますので手に入れてみるといいですけど、僕はさすがにそこまではしませんでした(笑)

実際にこのようにおもちゃの刀を使っての切り返しをやったことはないですので、どういった感覚なのかは分かりませんが、とにかく動画にあるようにチャレンジしてみるのもいいかと思います。

 

あなたがスライスで悩んでいる場合はこのようにオンプレーンでスイングする練習を試しているといいでしょう。

 

オンプレーンにスイングすることができるようになると自然とボールもまっすぐに飛ぶようになりますからね。

アウトサイドインの軌道でスイングしている方にとっては最初は違和感がかなりあると思いますが、地道にこの練習を繰り返すことによって正しいスイングプレーンに沿ってクラブを下してくることができるようになります。

 

これもやっぱり僕も動画を作っています。

 

後方から見て、クラブの動きがどこを通っているのか?

というのを見分けるためにもこのようにボールと肩を結ぶラインとシャフトの延長線上にラインを引いてその間でダウンスイングからインパクトへとクラブの運動が納まっていたらオンプレーンでスイングできている証拠という事です。

 

こういうスイング軌道の確認を練習場で行って衣類人という伊野はほんの一握りぐらいです。プロはよく自分のスイングを後方からこのように撮影してスイング軌道を確認しています。

プロがやっているからやった方がいいというわけではないのですが、自分のスイング軌道が今どうなってイルカを確認することでスライスを克服するための糸口になりますし、どういった練習をこれから行って行けば効果的にスライスを克服できるのかもわかってきますのでやみくもにスライスを克服する方法ばかりを実践する必要がなくなりますよ。

自分のスイングを撮影してみてみると自分が思っているような動きとは全く違うという事が良くあります。

自分では気持ちよくプロのようなスイングをしているつもりでも、動画で見てみると「あれ?こんなへんてこなスイングしているんだ…」とショックを受けることもあると思いますが、そこは割り切って動画撮影してみてください。

 

今回の内容は以上になります。

あなたがスライスするという場合は参考にしていただけたらと思います。

僕的にはこの理論はすごく共感できます。

 

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto