スライス克服は前腕のローテーションができていることが前提

waiwa1
スポンサーリンク

ゴルフ侍トシです。

 

今回もあなたのゴルフ上達のために力になれたらと思います。
というわけで、今回のテーマはスライスを直す前腕のローテーションを身に着けるです。

 

これからお伝えすることはスライスを克服するために超重要事項なんで、マジで真剣に読んでいただきたいと思います。

スライスを直す前腕のローテーションを身に着ける

スライスという球筋になってしまう多くの人が前腕のローテーションができていません。

 

前腕のローテーションって何?ってあなたは思うかもしれませんが、マジでこれ大事なんで、この記事の内容はくまなく読み進めていただきたいです。

 

ゴルフスイングというのは、上半身を何もすることなくトップから切り返してダウンスイングを行という部分においては正しいのですが、初心者ゴルファーの場合、特にはじめは腕のローテーションを正しく行う事を意識して練習された方がいいです。

 

前腕が正しくローテーションしてくれないとスイングというのはいつまでたっても出来上がらない。

 

つまりスライスも出るし、ダフリやトップも出るというミスショットにあなたが悩まれているのであれば、今回お伝えする前腕のローテーションをしっかりできるようになりましょう。ということ。

 

これができないことには高い再現性のスイングを身に着けることはできませんからね。

 

ゴルフスイングというのは、短期間で上達していくためには確実に基本を覚えていくことと、体がそれを自然とできるように反復していく必要があります。

 

いつまでもスライスが治らない人というのは、正しい腕のローテーションが出来ていないとか、もしくは勘違いして間違った腕の使い方や手首の使い方をしています。

 

一般的に多いのが8割のアマチュアゴルファーが「すくい打ち」になっています。

 

すくい打ちという言葉あなたも聞いたことがあると思いますが、ゴルフクラブで球を上げようと意識したりすると腕というか、特に手首というのはヘッドを走らせるように右手首を手のひら側に折ってしまいやすくなります。

 

右手首を手のひら側に折ってしまったら、クラブヘッドというはインパクト直後にすぐに上昇していく動きになります。

 

つまりインパクトエリアというかゾーンが狭くなるわけです。

インパクトゾーンが狭いことにより安定したインパクトを毎回再現するのが難しくなります。

 

また前腕がローテーションせずにこのように右手首を手のひら側に折るように使ってしまったら、クラブフェースは開いて球に当たりやすくなります。

 

フェースが開いて当たったら当然ボールにはスライス回転のスピンがかかります。

そのため、打てども打てどもスライスするという結果になってしまいますし、またそれを嫌がって体の回転が止まって手首をコネてしまったら左へ引っ掛けます。

 

なんともリスクの高い打ち方になるわけです。

 

これらの原因というのは前腕のローテーションができていないということが言えるのですが、この前腕のローテーションがどのように行われるのかという、細かいことまで知らないという人が多く、腕のローテーションと聞くとほとんどの人が手首をコネる動きをイメージしてしまいます。

 

これがスライスが直らない大きな間違い!なんですよ。

 

本人はローテーションしているつもりでもただ手首をコネて使ってしまっているだけという事になっている人が多いです。

 

正しいローテーションを体で覚えることが大事

こちらの動画で前腕のローテーションについて正しい動きと間違った動きをお伝えしていますのでご確認ください。

これスライスを克服するために超大事な事なんでぜひ動画を確認することをお勧めします。

 

この前腕がスイング中に回転していくことにより、

右手首というのは甲側に折れたままインパクトを迎えてフォローでも一時は甲側に折れたまま前腕がねじれて右腕が伸ばされていきます。

 

これが正しい腕のローテーションの意味になります。
おそらくあなたがスライスが治らないというのはこういった正しい動きができていないというのがありますし、ただ手を返していると間違った解釈をして手首をコネてしまっているだけになっていると思います。
だからこの動画を必ずチェックして、スライスを克服する上で新しい気づきにしていただきたいと思います。

 

スライスを治すために前腕が正しくローテーションしていく動きを覚えるという意味でも僕がよくおすすめしているのが「膝立ちで球を打つ練習」です。

 

打ちっ放し場に行き、ティーアップしたボールをヒザで立ってドライバーでボールを打つという練習です。
この練習をしていると自然と前腕のローテーションを体が覚えてくれるようになります。

 

はじめはローテーションが出来ていないという場合は、 ボールの手前にヘッドが落ちてダフってしまうことが多いと思います。
たいてい振り遅れて前腕がローテーションできていないゴルファーは膝立ちで打つ練習をすると、ボールの手前をダフってしまうことが多いです。
僕も昔はこの膝立ちの練習を良くしていました。

 

あなたも実践してみてください。

 

最後にあなたが短期間でスライスを克服して、ゴルフを楽しみたいという場合はその詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
メルマガではサイトには書けない濃いノウハウを配信しています。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto