竹村真琴プロに学ぶスライス解消はクラブが体を追い越すようにスイング

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。
今回はプロゴルファー竹村真琴プロのスライス克服レッスンになります。

 


竹村プロは美女ゴルファーで有名ですね。

かなり美しい顔立ちだと個人的には思います。

 

とてもゴルファーには見えない容姿ですよね。

個人的にはツアーで活躍してほしいと思っています。

彼女がツアーに出るようになったら、かなりファンがまた増えるのではないかと思いますね(笑)

個人的には女性ゴルファーの中で一番キレイなんじゃないかなって思います。
まあ、そんなことはどうでもいいことですが(笑)
では、動画の内容に入りたいと思います。

竹村プロは言ってます。

アマチュアの方に多いスライスの原因として、トップからの切り返しで体が先に突っ込んで

クラブが後からきて、フェースが開いてスライスになるということですね。

これを直すためにテークバックしてトップに行った時に持っているクラブが自分の体を追い越すようにクラブを振ってあげるという事です。
そうすることによって正しいフェースローテーションができるというわけですね。

手首の使い方を動画で解説されていますね。
そして、手首の使い方としてイメージはドアノブをひねるような動きです。

ドアノブをひねるような動きを実際にあなたもやってみてください。
どうですか?

このときに前腕が回転しているのが分かると思います。
肘から下の前腕が回転していますよね?
これがローテーションが出来ている動きになります。
こういうった動きをあなたも実際にやってみてください。
イメージだけでいきなりクラブを持って練習場でやろうとするからできないのです。
まずは正しいローテーションが出来ているかどうかを確認するためにもドアノブを握ってこのようにひねる動きを入れてみてください。
あなたもスライスに悩んでいるのであれば、竹村真琴プロが言うようにテークバックからトップに行き、ダウンスイングで自分の体をクラブが追い越すようにスイングしてみてはいかがでしょうか?

 

そして、手首の使い方としてはドアノブをひねるような動きを意識すると良いということですね。

 

これができるようになると正しいスライスをしないフェースローテーションを身に着けることができるという事です。

僕はこちらでもお伝えしていますように間違った腕のローテーションをしている人がとても多いです。もっと言えば手首を間違って使っているという人が非常に多いですね。特に右手首を手のひら側に折るようにインパクトしている人がほとんどです。すくい打ちのインパクトになっているいのでこれではスライスして当然ですね。

 

また、森守洋プロの前腕の使い方も参考にされたらより分かりやすいのではないでしょうか?

 

今回動画で竹村プロがお伝えしていますように、今までダウンスイングで体が先に突っ込んでクラブば遅れてきて振り遅れスライスになっている人は参考になると思います。

この意識でスイングすることによってクラブがインサイドから下りてきて、また顔を残すビハインドザボールの形でインパクトできるようになります。

 

ドライバーはアッパーブローの軌道でとらえていくと飛距離も伸びますのでこのクラブが体を追い越していくという感覚はとても大事だと思います。

クラブというよりはもっと言うならクラブヘッドが体を追い越していくという感覚の方が伝わりやすいからもしれませんね。

 

体をクラブが追い越す感覚でスイングしてみましょう。

あなたのスライス克服に役立ててみてください。

また、あなたスライスが色々試してみたけど治らないというのであれば、サッサとスライスを直せる詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしていますので、メルマガの方で僕が伝授しているスライス克服法を実践してみてください。

 

この方法ですぐに皆さんスライスを克服されていますよ。

そして力強いドローボールを打てるようになっていますので、あなたも実践されてみるといいでしょう^^

メルマガはもちろん無料です。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto