深堀プロから学ぶスライス解消の方法とは?

スポンサーリンク

深堀プロがスライスの改善方法として動画で解説してくれています。

これはコースでスライスが出た場合の対処法として考えればいいです。

根本的にスライスを直すというのではなくて、一時的な対処法という位置づけですね。

 

 

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回もスライスを直すために動画でその方法を深堀プロが解説しているので紹介したいと思います。

まずは、ティーグランドでまっすぐにアドレスするという事を動画で言ってます。

 

まず体の向きと打つ方向がクロスしている人が多いという事を言われています。

これによってアウトサイドインになったり、体が早く開いてスライスしてしまうという事が多いということ。

こもように意外にもアドレスから間違ってスライスしやすい構え方になっている人が多いという事を指摘されています。

確かに、僕も昔は自分は目標に対してスクエアに構えているつもりでも、後ろから人に見てもらったら目標の右に肩のラインが向いて構えていたという事がありました。

これによって外からクラブを引っ張り込んで打つようになっていたので

今考えたらかなりリスクの高いスイングになっていたんだなーって振り返ってみたら納得できます。

というのも、やっぱりアドレスではきっちり目標に対してはじめはスクエアに構えるための練習をした方がいいと思います。
だってそういうところからミスっていたらやっぱりスライスというのはなかなか克服できないんだろうなって思うから。

練習場ではスライスしないがコースでスライスするという方に

これは練習場ではスライスが出ないのにコースに出てスライスが出るという人には参考になるかと思いますね。

自分では真っ直ぐ立っているつもりになっていないか?

目標とアドレスの向きがクロスしていないか?

 

練習場と違いコースでは目標に向かってスクエアに構えるということができない人ってけっこう多いですしね。

練習場ではマットなので、目標にスクエアに立ちやすいですが、コースではマットではないので、スクエアに立つことが難しいという場合はアドレスで構えた方向が目標とクロスしていないかを確認してみるといいでしょう。

 

ターゲットに対して、どれだけまっすぐに立てるのかということがスライスを解消する上で重要になると深堀プロは言ってます。

これに関して僕も共感できます。
ただ、これはスイングがインサイドインで振れている人に限った話であり、普段から振り遅れの人やアウトサイドインでスライスが出ている人にとっては、これよりも先にまずは、スイングを直す事が先ですね。

 

次に、クラブやティなどをガイドに真っ直ぐ構えて振る練習をするとありますが、
これに関してもスライスのスイングを直すためではなくて、コースでスライスしないための準備としての事なので、インサイドインの正しいスイングが出来ている人には参考になりますが、スイング自体がまだできていない人にとっては、「なるほどね」ぐらいで頭の片隅に入れておくだけでいいでしょう。

ゴルフ初心者のスライス解消には事足りない

そして、深堀プロはスライスする人は下半身が止まって手打ちになっている人が多いことを言ってますね。

そして、アドレスで足踏みをして膝を動かすことを推奨しています。

しかし、これを下半身先行で振り遅れスライスが出ている人が参考にしたら余計に下半身を動かそうと思って振り遅れてしまいますので逆に悪影響になるでしょうね。

これは下半身が止まってカットスイングをしている人だけが参考にしてみたらいいでしょう。

動画にあるように、全体的に体が動きやすくなるように、構える前に足を入れたワッグルをするように言われています。

 

これは、体の力を抜くという意味で有効ですね。

 

後、付け加えるならアドレスに入る前に力みを取るために、2,3回ジャンプしてアドレスに入るようにしてみるといいですよ。

すると自ずと力まないようになりますから。
あなたが力んでスライスが出てしまうというのであればその場でジャンプをして力みを取ることも覚えるといいでしょう。

そして、最後に打つ前に行う素振りですが連続素振りをするように言われています。

 

体が固まって手打ちになりやすいという人はこのように連続素振りをすることで、体を動きやすくするという事ですが、この動画ではいずれにしてもコースでスライスが出る対策として言われていることになりますので、スライスしてしまうスイングそのものを変えるためのアドバイスではないですね。

スライスを克服するために正しいインサイドインのスイングを身につけましょう。まずはここからがスライス克服の始まりだと思います。

コースでスライスを防ぐための方法に関して深堀プロが動画で言われていることは参考になると思いますが、スイングについて改善する点についてもっと触れてほしいと思いました。

実際この動画を見ただけでスライスを克服できるかと言ったらっほとんどの人が無理でしょう。
苦戦すること間違いなしでしょう。

でも、まずは何でもそうですが、トライしてみることが大事です。

直ぐに諦めるのではなくて、どうしたらスライスを直せるのかを考えて色々と試してみてから答えを探してみてください。

そうすると何が正しい理論で何が間違った理論なのか自分の中で判断できるようになりますよ。

 

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto