ドライバースライス防止のために右脚前に仮想ボールをイメージしてインパクト

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

今回の動画でもスライス克服のためのレッスンをご紹介します。

 

この動画では振り遅れのスライスを防止するための方法を解説してくれています。

 

振り遅れてスライスが出るという場合は参考になると思います。

 

 

それでは動画の内容に入っていきます。

 

ドライバーの振り遅れによるスライスを直すためのレッスンをお伝えしていきます。

 

ドライバーはシャフトが長くなっていますので振り遅れやすいです。

 

打ちだしが右にいって、右に飛んでそこから右へ曲がるボールが出やすいです。

 

これをプッシュスライスと言います。

これぐらいの理屈はあなたならもうお分かりだと思います。

このサイトを見ていただいているあなたならスライスしてしまう原因が何なのかというのが手に取るように分かるようになっているはずですからね。

 

このプッシュスライスの原因は飛ばそうとしてクラブヘッドが戻ってくる前に体が開いてインパクトしてしまうことが考えられます。

 

要は体だけが先に回転して行ってしまってクラブヘッドが遅れてくるのはいいのですが、遅れて戻ってきたクラブヘッドがローテーション出来ておらずフェースターンが行われていなかったら当然フェースは開いてインパクトしてしまうのでプッシュアウトしていくというわけです。

 

そこで注意するポイントとしてバックスイングでしっかり体を回すという事がまずは大事です。

動画にあるように手だけでバックスイングを上げてしまうのではなくて、しっかりと体を回しながらバックスイングをしていきます。

 

しっかり体をバックスイングで回すことはいいのですが、

この時に注意していただきたいのが手元をインサイドへ引っ張り込んでしまわないようにしてください。

バックスイングで多くの人が体をしっかり回そうとすると手元までインサイドへ引っ張り込んでしまってトップでフトコロがなくなって窮屈なトップになりダウンスイングで手元を下すスペースがなくなりアウトサイドからクラブが下りてきてしまうという人も多いですからね。

 

左肩が顎の下まで入っているかどうかというのと

背中が目標方向にしっかり向いているかどうかがポイントになります。

 

これをまずは確認する事です。

背中が目標方向に向いているか?

そして、胸が飛球方向と反対に90度向いているかをはじめは確認してみてください。

 

そうすることによってしっかり体が捻転されたトップを作ることができます。

 

そして、ダウンスイングに行った時も先に体が開くというミスを防ぐことができます。

 

体が開くという意味をもっと詳しく言いますと、肩が早く開かなくなるという事です。

肩が早く開いてしまったら右肩が出てきますので、当然クラブのスイング軌道はアウトサイドインになってしまいますからね。

 

次にダウンスイングからインパクトにかけて通常のボール位置はドライバーの場合左足寄りにセットしています。

もっと言うなら、左脇線上ですね。

 

この左側にあるボールを打ちに行ってしまうと体が左へ流れてクラブが振り遅れたり、グリップが左へ流れすぎてクラブが振り遅れるというミスショットが出てしまいます。

 

つまり左へ体が突っ込んでいくとダメだということを言いたいわけです。

 

そこで、動画のように右足前に仮想ボールをイメージして、この右足前にあるボールをスクエアにインパクトするイメージでスイングします。

この右足前で球をとらえるようなイメージで振り遅れが直るという人は珍しいと個人的には思います。

でも、やってみる価値はあります。

 

まず方が早く開かないという感覚を養うためにも、このように右足前にあるボールを打つようなめーじでスイングしてみることもいいです。

ただ、何度も言うように腕が正しくローテーションしていないとこれも意味がない。
前腕がローテーションできてはじめてフェースターンを起こすことができますし、フェースを回転させながらボールをとらえるという感覚も分かってきます。

 

そうすることによって体が早く開くというミスを防止することができるようになります。

 

そして、実際にインパクトの位置でしっかりとスクエアにボールを捕らえることができるようになります。

 

あなたもこの2点を注意して練習してみるといいでしょう。

 

まずは、バックスイングでしっかり目標方向に対して体を回し背中が目標を向く形のバックスイングをする。

 

そして、右足前に仮想のボールをイメージしてその仮想ボールを打つつもりでダウンスイングすることで、体の開きを抑えることができて、実際のインパクトでボールをスクエアにヒットすることができるようになるという事です。

 

これぐらい極端なイメージでスイングしてみなさいという事ですね。

でも、個人的にはこの動画だけではスライスを克服するには足りない部分が多いですからこれでスライスが直ったという場合はかなり運が良いということが言えます。

 

もしも、あなたがスライスに悩んでいるのであれば、この動画で解説されているようにダウンスイングで飛ばそうと思って体の開きが早くなっていないかを確認してみることをおすすめします。

 

今回の内容は以上になります。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto