頭で考えて練習してもスライスは直せない

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。
スライスを直すためには左へ振りぬく気迫が必要です。

 

ゴルフ初心者がスライスを直そうと思ってインサイドアウトに振りぬこうと思ってもフェースが開いてプッシュアウトスライスが出るのがおちです。

 

インサイドアウトで振ればスライスが直るということをよく言われますが、

インサイドアウトを意識してもフェースが開いてインパクトしてしまったら当然スライスしてしまいます。

 

 

なかなか、スライスが治せないという人はこのようにスライスを直すために世間一般に言われていることだけに着目してしまいがちです。

 

体にスライス打ちの悪い癖というのは練習を行って反復することによってどんどん染み込んでいきますので、そういった方がスライスを直すためには、スライスを直すための正しい練習をしないことにはなかなかスライスというのは克服できません。

 

練習場に行くたびにスライスに悩まされるという人は多く、スライスしている原因が分かっていてもその悪い動きを克服できないという方は多いです。

 

結局練習場へ行きスライスを直すために意気込んでいっても、練習後に「今日もダメだったか・・」

という結果になってしまいがちなんですね。

 

 

これがスライス打ちが克服できずにずーっと続いてしまったら
スライス打ちの悪い動きが体に染み込んでいくことになってしまいます。

 

 

スライスもそうですが、

オーバースイングが治せないとか、アイアンでダフリが治せないとか

人によっては色々と悩まれる部分はあると思いますが、

同じくスライスを直すことも悪い動きを反復してそれがだんだん癖になっていくのでスライス

を直せずに路頭に迷ってゴルフが楽しくないという結果になってしまい外です。

 

 

スライスというのはちゃんとした練習を行うことによって誰でも克服することができます。

 

スイング軌道がアウトサイドインになっているからそれを直そうと思って
雑誌や本で言われていることをいろいろと試して意識しても良くならないということは当たり前なんですね。

 

考えてスライスを克服しようと思ってもそう簡単に体の動きというのは変わってくれないからです。

 

だからいつまでもスライスに悩まされることになってしまいます。

 

 

原因が分かってもその原因を克服する練習をしないとスライスというのは直りません。

 

スライスしたくないからと言って今度は手を返したりという動きを入ってくると余計にスライスを克服できなくなりますし、また、球が左右に散らばって訳が分からなくなってしまいます。

 

手を返すという動きは、詳しく説明しますとインパクトで右手首が手のひら側に折れてしまう動きです。

 

そして、左手首が甲側に折れてしまう。

 

 

手を返すと聞いたら多くの人が右手が利き腕なので右手首を手のひら側に折ってしまいます。

これでは前腕が正しくローテーションできずに「すくい打ち」のインパクトになってしまいますので、インパクトゾーンが狭く点で合わせるインパクトになってしまいます。

 

そのため手首をこねているこの間違った手を返す動きになっているアマチュアゴルファーのスライサーがとても多いです。

 

 

あなたも「ゴルフのセンスがないのかな?」などと思い悩んでしまうという気持ちはわかります。

 

そんなことはありません。

スライスは誰でも克服することができます。

もちろん正しくアドレス、そしてバックスイング、それからダウンスイングと行う過程は必要です。

これを頭で考えながら1人で練習するというのは効率が悪いです。

自分ではできているつもりでもできていない。という事が多いからです。

実際に僕がそうでした。

 

自分ではできているつもりになっていたのにできていなかった。。。

 

スライスが出る原因として先ほどお伝えしましたように前腕のローテーションが出来ていないのにできているつもりになっていた。

 

手を返すという動きを勘違いして「すくい打ち」の手の動きになっていた。などです。

 

だからあなたがまずはスライスを克服したいというのであれば、こう言った正しい動きに変えていく必要があります。

 

初めは慣れませんので戸惑いやうまく行かないけどこれで大丈夫?などと思う事もありますが、それでも正しい動きを継続することによって誰でもスライスは克服することができますので辛抱強く正しい動きを継続することをお勧めします。

 

ゴルフはセンスとかそういうものではなくて、止まっている球を打つわけですので、自分の動きが全てと言って過言ではないです。

基本的に正しく動けるようになったら80台や70台を出すことは簡単になります。

 

自分が正しく動けていたら球は安定して飛んで行ってくれるのです。

 

スライスが直らないのは自分にセンスがないというのではなくて、正しく動くための練習をしていないというのがあります。

 

正しいスイングを作っていくことをおろそかにしているので、いくら練習をしても球数を打ってもスイングが良くならないという落とし穴にはまっていきます。

 

ゴルフというスポーツが難しいと言われるのはこういうことから多くの人が難しいと言いますが、正しくスイングを作っていくことができたらゴルフは簡単になっていきます。

 

このサイトではスライスを克服するための動画レッスンなどをシェアしていますが、
これらのレッスンを実践してスライスが克服できたという人は一握りです。

確実にスライスを克服するために正しいスイングを作っていく方法はメルマガ限定でお伝えしています。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto