スライスの原因はトップで左手首が甲側に折れているから

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

今回の動画ではスライスを直すためのトップの左手首の形についてです。

スライスしてしまうという場合、トップスイングで左手首が甲側に折れてしまっていないかを確認してみてください。

 

トップスイングで左手首が甲側に折れてしまっている人はスライスする傾向が強いです。

その理由はトップスイングで左手首の甲側が折れてしまうことでクラブフェースがオープンになってしまうからです。

 

つまりクラブフェースが開いてしまうのでダウンスイングでフェースを閉じる動きを入れないといけなくなるのですが、フェースを閉じることができなければインパクトでフェースは開いたままボールにコンタクトしてしまいますので、当然スライスしてしまいます。

 

 

こちらの動画で分かりやすく解説されています。あなたのトップスイングで左手首が甲側に折れてしまっていないか確認してみてください。

スライスを打ってしまう多くのゴルフ初心者がトップのポジションで左手首が甲側に折れてしまっている人が多いです。

 

あなたも無意識のうちにこのように左手首が甲側に折れてしまっていないかを確認してみてください。

スライスで悩んでいるなら参考になると思います。

 

また、このようにトップスイングで左手首が甲側に折れてしまうという場合は意識としてはトップスイングで逆に左手首が手のひら側に折れるように意識してみるといいでしょう。

 

あまりやりすぎるとシャットフェースになってフックが出るということになりますが、とにかく左手甲側が折れないように意識するという事も大事です。

これがスライスを克服するために正しいコックの仕方にもなるわけなのでできてない場合は確認しながら練習してみてください。

 

そうすることで、トップスイングでフェースが開いた状態を矯正することになりますし、正しいトップの手首に形を作ることができるようになると思います。

僕もゴルフを始めた当初スライスがひどかった時に、トップで左手首が甲側に折れてしまっていました。

これはそのまま練習で継続していると癖になってしまいますので、できるだけ早い段階で癖になってしまう前に改善することをおすすめします。

 

癖になってしまったら、後から直すのがなかなか厄介になってきますからね。

あなたがスライスで悩んでいるのであれば、今回の動画でもお伝えしているようにトップの位置で左手首が甲側に折れてしまっていないかを確認してみてくださいね。

今回のスライス克服の内容は以上になります。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto