腕だけでスイングしてアウトサイドイン軌道になってスライスしている場合の対処法

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

アウトサイドインでスイングしている人にとってそれを矯正するためのコツについて坂本プロが動画で解説してくれています。

 

アウトサイドインの軌道でスイングしている人に多いのが体の動きが止まって手だけでクラブを振り下ろしているという事が言えます。

 

こうなるとやっぱりドライバーではスライスが出やすいですよね。

 

動画のようにクラブヘッドがボールに対して外から入ってくるいわゆるカット軌道になりやすいという事です。

 

僕もゴルフを始めた当初はこのようにアウトサイドインの軌道でスイングしていました。

その結果、スライスばかり打っていました。

そして、動画で坂本プロが言われているように手だけでクラブを振っている場合にアウトサイドイン軌道になっている人は、体の回転をまずは意識してスイングしましょうという事を言ってますが、僕の場合は、腰の回転(体の回転)を意識してスイングするようになってから今度はインサイドからスイングできるようになったのですが振り遅れが出始めました。

腕だけを使ってスイングしていないかを確認しよう

今回はアウトサイドインの軌道を矯正するために、アウトサイドイン軌道で腕だけを使ってダウンスイングからボールを打ちに行くとこのようにカット軌道になってスライスするということを言いたいわけですが、動画のように極端に体の回転が止まっているという場合は、体を動かすという事を意識してみるといいと思います。

かと言って、体を回転させることばかりを意識してスイングすると人によっては昔の僕のように振り遅れのプッシュアウトスライスに悩まされることになります。

 

このように体の動きが止まってしまうというのは、腕の使い方が間違っているという事もあるので、正しい腕の使い方としてこちらのページで僕が解説していますのでご確認ください。

確認していただけたら「腕の使い方ってこうだったんだ!」ってあなたも気づかれると思いますよ。

あなたがゴルフ初心者の場合は衝撃かもしれませんね(笑)

ゴルフスイング中に前腕が回転していくという動きがこれほど大事なんだという事に気づかれるでしょう。

あ!ヒント言っちゃいましたが(笑)

 

話を戻します。

まずはアウトサイドイン軌道を矯正するためには腕だけでクラブを振り上げて振り下ろしている人は体の動きを優先に考えてスイングしていきましょうという事を坂本プロが言ってますが、これに関しては「たしかに!」と僕も共感できます。

 

特にゴルフ初心者の場合はどうしても動画で解説されているようにボールに当てに行こうとするので体の動きが止まりやすいです。

手打ちでもある程度球に当たるようになるので、気づかないうちに手打ちの練習を一生懸命していたという人も多いです。
まず手打ちでは上達が頭打ちになってスライスを完全に克服できないので手打ちは絶対に克服する必要があります。

 

あなたが、ゴルフを始めたばかりで動画のように腕だけでクラブを振っているという状態ならまずは体を動かすことを意識してスイングしていってみてください。

 

そうすることで、アウトサイドインの軌道(ボールに対して外からクラブが入る)というのが徐々に矯正されていきますよ。

 

振り遅れを怖がらずに体を回してみよう

スライスが出る原因として初心者ゴルファー(ゴルフをはじめたばかりの人)に特に多いのがこのアウトサイドイン軌道でスイングしているという事です。

まずは、振り遅れてもいいという考えの元インサイドからダウンスイングできるようになるといいでしょう。

はじめは右にプッシュアウトしていくスライスが出始めるかもしれませんが、右へ出て右へ曲がっていくボールの場合はインサイドからダウンスイングできているということも言えますので、正しいスイングプレーンを作っていくためにも動画で解説されているように腕だけで振ってしまっている人に限っては体の回転を意識して練習してみるといいでしょう。

 

まずはアウトサイドインの克服を目指すためにプッシュアウトスライスが出るようになったらOKぐらいの気持ちがあるといいですよ。

プッシュアウトスライスというのは打ち出しが右へ出てそこからさらに右へ曲がっていくスライス球のことです。

打ち出しが右へ出るということはインサイドからボールにコンタクトできている証拠ですからね。

だからはじめのうちは「プッシュアウト」が出たら「ラッキー」ぐらい「進歩している」ぐらいの気持ちでいいですよ。

今回はあなたがゴルフ初心者でカット軌道によるスライスに悩んでいる場合という事を前提にお伝えしました。
もっと楽に短期間でスライスを克服して当たり前に80台、70台を出していきたいなら詳しい方法はメルマガで教えています。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto