フェースを開きながら上げると当然スライスする

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

スライスになる原因としてフェースが開いてしまっている。

 

これが原因でインパクトでフェースを閉じることができずにスライスするという人は多いですね。

 

 

ゴルフ初心者の人に特にこの原因が多いです。

 

フェースが開いているということがどういうことかを知らないとスライスばかり打ち続けてしまいます。

 

 

今回ご紹介している動画では、バックスイングですでにフェースが開いている人はトップで左手の甲側が折れてしまっているということをお伝えしていますが、ゴルフ初心者の方でスライスの原因がこのようにフェースが開いているからということを知らない人は、まずはこれを知ってください。

 

トップで左手の甲側が折れているというのは、フェースオープンを意味します。

そして、フェースオープンに関しては僕も動画を撮りましたのでこちらでも確認してみてください。

さて、僕の動画も見ていただいて分かると思いますが、

スライスするという意味をもう一度明確にご理解いただけたらと思います。

スイングに問題がある、もしくはフェースの管理に問題がある。

 

スライスする原因としてだいたいこの2点です。

 

まずはフェース面の管理ができているかどうかを考える意味でも、トップで左手の甲側に折れないということを知ってくださいね。

 

先ほどの1番目の動画ではフェースを開かずにバックスイングしていくために左手の小指を少し握りこむという事を動画で言われています。

 

これをやりすぎるとトップでシャットフェース(フェースが閉じすぎる)になって今度はフックが出てしまうということになりやすいですが、スライスするという場合、まずはバックスイングでフェースを開いて上げていかないということを入念に確認しながら練習してみてください。

 

フェースを開きながら上げていくと、トップでは左手首が甲側に折れやすくなりますので、このトップの時点でフェースが開きすぎてしまっているとダウンスイングでフェースを閉じるために、正しい前腕のローテーションが出来ない場合は、まずフェースをスクエアに戻してくることができなくなりますので当然スライスします。

 

結局これだけを気を付けたらスライスが直るのか?ということはほとんどありません。

 

実際にゴルフ初心者がバックスイングでフェースを開かないように上げていくことができてもスライスが直らないということは多いです。

 

それはダウンスイングがアウトサイドから下りてしまっているということもあるのですが、まずスライスするという場合はバックスイングでいきなりフェースを開きながら上げないという事を気にして練習してみることが大事ですね。

 

これがスライスを克服するための第一歩だと思ってください。

 

フェースを閉じたからと言ってスライスが直ったという人は稀にいますが、まずはフェースを開かずにバックスイングしていくという事が大切になります。

 

このサイトではスライスを直すために特化してその方法をいろいろとお伝えしていますが、あなたがスライスが直らないというのであれば、他の記事も参考にしてみてください。

 

他にもスライスを克服するために必要な事をいろいろとお伝えしていますのでくまなく他のページもチェックしてください。

このサイトでお伝えしていることは全てスライスを克服する方法です。

だからスライスを克服することに絞ってお伝えしていますので、他のサイトよりも圧倒的にスライス克服のために役に立つ情報を盛り込んでいるつもりです。

 

実際に僕がスライスを克服できたのは、こういった巷のワンポイントレッスンではなくて、スイングをイチからしっかり見直しながら練習してきという経験があります。

 

もしも、あなたがスライスが直らないというのであれば、いろいろなスライスを直す方法を試してきたけど効果がないというのであれば、メルマガでこっそりスライスを克服できる革新的な内容を伝授しています。

一度検討してみるといいでしょう。

 

また、ちまたで販売されているゴルフノウハウとしては、こちらはけっこうおもしろかったです。

 

個人的に思う事ですが、スイング中の細かい動きに関して、ただ確かに正しいことを言われているのですが、それが伝わるかどうかはその人次第という事にもなりそうですし、また『これはちょっと難しいな…』と感じる部分も出てきますので、一瞬のスイングの中であれこれ考えずに正しいスライスを克服できるスイングを作っていきたいというのであれば、メルマガでその詳しい方法をお伝えしていますのでメルマガの方をお楽しみください。

 

スライスを克服して再現性の高いスイングを作りたいというのであればおすすめします。

 

僕のメルマガを見ていただけたら間違いなくスライスを克服できます。

自信を持って言い切れます。
あれだけスライスしまくっていた僕ですらスライスを克服できた方法をメルマガ限定でこっそり教えますよ。

 

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto