オーバースイングを直せないとスライスは克服できない

スポンサーリンク

こんばんは。

 

ゴルフ侍トシです。
スライスを克服するために重要なことをお伝えします。

 

トップからの切り返しで、左腕を力ませてクラブを引っ張り下ろしてくるようにスイングしているとスライスしてしまいます。

 

腕力に頼ってトップからダウンスイングで左腕に力が入ってクラブを引っ張り下ろしてくるような動きを入れてしまうと、まず手打ちになります。

 

そして、左腕で引っ張り下ろしてくると振り遅れてしまいます。

振り遅れとスライスは非常に相性がいい

振り遅れることでフェースが開いてインパクトしてしまいますので当然スライスしてしまいます。

飛ばそうと思って腕を力ませて左腕でクラブを引っ張り下ろしてくるような動きが入りがちな男性は多いですね。

 

腕力があるとどうしても、このようにダウンスイングで力んでしまう癖というのもスライスが克服できない理由でもあります。

 

こういう人はアウトサイドインの軌道になってしまうというのもあって、スライスするからもっとバックスイングで体を回転させようとします。

 

腰を回して胸の面を真後ろに向けてインサイドにクラブを上げていきがちになります。

 

俗に言われるオーバースイングという形のトップになってしまいます。

 

トップでシャフトが飛球線に対してクロスしてしまいます。

実際に動画でオーバートップになっている人の動きを解説しているのでご確認ください。

 

バックスイングでこのようにインサイドにクラブを引っ張り込んでしまったら、バックスイングの途中で後ろから見たときに背中よりも後ろ側にクラブヘッドを引っ張り上げてしまいますので、トップではフトコロが潰れてしまいクラブがループしてシャフトが飛球線に対してクロスしてしまう形になります。

いわゆるオーバートップになっている人はこれがほとんどの理由です。

アウトサイドインの軌道を克服しようと思ってこのようにオーバートップになってしまいます。

 

でも、これではスライスを克服することはできません。

スイング軌道がカット軌道になってしまう

オーバートップになってしまったら、ダウンスイングでクラブが外から下りやすくなります。

バックスイングでクラブを上げた軌道よりも外からクラブが下りてくることになり、結果的にアウトサイドインの軌道になってしまいやすいです。

またオーバースイングになってしまっている人は下半身が必要以上に動いてしまっています。

下半身が暴れているスイングになっているという事です。

 

 

腰が右へスエーしたり、右膝がバックスイングで伸びてしまったり、

 

こういった下半身のオーバーワークによって上半身はそれにつられて必要以上に回転してしまいます。

 

こうなると体を捻じるどころか、ただ上半身と下半身を回転させているだけのバックスイングになってしまいます。

 

そのため大きくバックスイングして振りかぶっているように見えますが、球にまともに当たったとしても大して飛んでくれません。

 

大きなトップや腕を大きく振りあげた方が球が飛ぶというわけではありません。
こういう人は下半身はできるだけ動かさずに、腰もできるだけ回すことなく、上半身を捻じっていく(胸を右へ向けていく)ことがバックスイングで大事な要素です。

 

今までオーバースイングのトップになっている人がこれをやると、「すごく窮屈」に感じると思います。

 

「下半身をできるだけアドレスのままをキープする」

「右膝がアドレスの状態をキープしたままトップまでいく」

「腰をできるだけ回すことなく上半身を捻じる」

 

捻転差を作るためにこのように意識すると「こんなに窮屈なの?」とか「こんなんじゃ球が飛ぶ気がしない」とか「トップが浅くない?」とか言われる人がいますが、これが正常なバックスイングからトップと思ってください。

はじめは慣れないかもしれませんが、できるだけ下半身を動かさないようにバックスイングすることが大事です。

しかし、完全に下半身を動かさないというわけではないです。

スライス克服はクラブをインサイドへ引っ張り込まないこと

オーバートップを克服するためには、バックスイングでクラブをインサイドへ引っ張り込まないために、テークバックでクラブヘッドが右足あたりを過ぎたぐらいから

左手の小指で地面の方(下)に押し下げるようにすると、
勝手にコックが入ってクラブは立って上がるようになります。

こうすることで、クラブをインサイドへ引っ張り込んでしまう悪い動きを矯正することができます。

 

下半身を静かに使うためには、

上半身も無駄な動きなく効率よく動かないといけません。

そうすることで下半身も静かに使うことができます。

 

下半身が暴れていてはいつまでたってもスイングの再現性は高まりませんし、方向性バラバラで手打ちも卒業できない。

 

という頭打ちの状態になってしまいます。

 

スライスを克服できないというのも同じです。

下半身が暴れていると軸もブレやすくなります。

まずはオーバースイングを克服することがスライスを直す近道になると信じて頑張っていきましょう。

 

もちろん他にもスライスする原因はありますが、まずはオーバースイングを克服に向けて今日から頑張っていきましょうね。

 

あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいというのであれば、その詳しい方法はメルマガでお伝えしています。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto