ボールの内側を空振りするイメージでスライスを直す

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回もあなたがスライスを克服するために、有益な情報となれば幸いです。

 

以前ボールに対して直角にフェースをあてに行く意識があるとスライスをなかなか克服することができないという事をお伝えしました。

 

だいたいこういう意識を持っているとアウトサイドイン軌道が直りませんからね。

ボールの内側を空振りするイメージでスライス克服?

アウトサイドイン軌道でスライスするという人はドライバーでフェースをボールに対して直角に当てに行く意識があったり、きれいに当てたいという意識があったらするとだいたいはカット軌道になってスライスします。

 

これは僕も経験してきたことだからわかります。

 

そこで、今回はインサイドからダウンスイングしてボールをつかまえてスライスからドローボールに変えるために、意識を変えてみるとうまくいく人もいるのでその方法をご紹介したいと思います。

 

ダウンスイングでボールを打ちに行くのではなく、ボールの内側をを空振りするつもりでダウンスイングしてみましょうという事です。

 

 

今回、スライスするというゴルフ初心者の方でインサイドからダウンスイングできないという場合は、動画で解説されているように、まずはクラブをさかさまにもってボールの内側を空振りするという意識で素振りをしてみるといいでしょう。

 

ゴルフ初心者の場合はどうしてもボールに当てに行く意識が働いてしまいます。

 

僕もゴルフを始めた当初はフェースをボールに当てに行くという意識があったのですが、これではうまくなれないと思ってスイングの中でボールをとらえていくという意識に変えました。

 

僕は動画で解説されているような方法を実践したわけではないですが、記事の冒頭でもお伝えしましたが、ボールに対してフェース面を直角に当てに行くという意識があるうちはどうしてもカット軌道になったり、アウトサイドイン軌道が直らないということがでてきます。

 

「ボールに当てたい」

「きれいに当てたい」

 

この気持ちはわかりますが、これではインパクトで手を使って当てに行ってしまう手打ちになりやすいんですね。

手打ちになりたくないと思って練習していても、結果手打ちになってしまうということで悩んでいる方は多いです。

そして、アウトサイドイン軌道でスライスがいつまでも直らずに悩むという結果になってしまう。

いくら球数を打ち込んでもスライスが直らないという場合は意識を変える必要があります。

ボールに対してフェースを直角に当てる意識はNG

当たり前にボールに対してフェースを直角に当てようと思ってもダメならそれは意識を変える必要があるという事です。

 

この動画では吉田プロがボールの内側を空振りするつもりでスイングすることを言われていますが、これはアウトサイドイン軌道を直すのと、ボールに当てに行くスイングを直したいという方にとっては実践する価値があると思いますね。

 

僕も野球をしていたのでわかるのですが、バットというのはゴルフクラブと違って先端にフェースなんてついていません。

ゴルフクラブにはフェースがついていて、そのフェースでボールを打つわけです。

野球のバッティングのつもりでスイングしているとどうしてもスライスするというのを嫌というほど経験してきました。

どうしてもアウトサイドイン軌道になってしまうのは「フェースをボールに当てに行くという意識」が強いということも考えられます。

 

もしも、あなたが今スライスに悩んでいて「スライスが直らない」というのであれば、動画のようにボールの内側を空振りする意識で練習してみるのもいいでしょう。

 

意識の変化がスライス克服への近道

こうやって意識を変えてインサイドからダウンスイングするためにはどうしたらいいのか?というのを考えながら練習するという事は大事です。

こうやって色々と工夫しながらの練習は楽しいと思います。

ただですね。
やっぱりこういったことをやってもスライスというのはなかなか克服できない人がほとんどだと思います。

実際にボールの内側を空振りするイメージでコースでそれが通用するのかというと僕はNOだと思います。

ボールの内側を空振りするつもりでもコースでは、そんな思いきった間隔には慣れないという方がほとんどでしょう。だから結局ボールの内側を空振りするイメージを持って打とうと思っても不安からとっさにボールに当てようとする意識が働いてしまいやすいです。

 

なので、いきなりコースで試すのではなくて、練習場でまずは試してみること。

そして、このボールの内側を空振りするイメージが自分に合っていると思ったら継続すればいいと思います。

このイメージはクラブヘッドは「ほっといても勝手にボールに当たってくれる」という感覚を養うのにはいい練習かと思います。

ただみんながみんなこれでスライスが直るというわけではないのでその辺はご了承ください。

アウトサイドインのスライスを直したいというのであれば参考にしていただければとおもいます。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto