肩を回す意識を間違うとスライスが止まらない

スポンサーリンク

ゴルフ侍トシです。

振り遅れのプッシュアウトスライスが直らないという人は、動画のようなスイングになっていないかをチェックしているといいでしょう。

動画では大げさな動きをされていますが、振り遅れのスライスを打っている人は共通してこのような動きになっています。

 

 

今回の動画では、スライスを直すためにバックスイングでの右ひじの使い方を間違っている人に向けてのレッスン動画になります。

スライスしてしまうという人には参考になるかと思います。

肩を回そうとして右ひじがバックスイングで曲がる

肩を回そうという意識によりバックスイングで右ひじが早い段階で曲り、そして、背中の方へ巻き込んでしまうという形になっている人は多いです。

ゴルフ初心者の方でこのようにバックスイングをしている人って多いですね。

そして、動画で解説されているようにダウンスイングで腰から回転してきます。
そうなると、思いっきり振り遅れてクラブが下りてくる。

 

そして、この腰を回転させることによってクラブがダウンスイングで寝て下りてくることになりますので、当然振り遅れてフェースが開いてインパクトしてしまうわけですね。

でも、実際ダウンスイングの初期段階でクラブというのは寝て入ります。

寝て入ったものがいつまでも寝たままになっていると振り遅れてしまいます。

でも、寝て入ったものが前腕がローテーションすることによってクラブが立つ動きになるので振り遅れない。

これに関してはこちらのページで詳しくお伝えしているのでクラブが寝て入ることが実は正しくて、そこから腕がローテーションすることによって実際はクラブが立ってくるという意味が分かると思います。

スライスを克服するために特にゴルフ初心者の場合は前腕のローテーションが出来ていないのでまず気にされてみてください。

そして話を戻しますね。

僕もプッシュアウトスライスに悩まされてきました

僕は、ゴルフを始めてプッシュアウトスライスを打っていた時にこの動画ほど大げさな動きではありませんでしたが、ダウンスイングで腰を回転させる意識でスイングしていたので結局振り遅れのスライスばかり出ていました。

先ほどお伝えしたように腰だけ回して下半身リードをができていても前腕がローテーションしてこないので下からあおるような打ち方になったり、または間違って手首をコネるすくい打ちになっていました。
振り遅れのスライスが出るので、インパクトで瞬時に手首をこねる動きが入った時は左へのひっかけも出るという状態です。

たまたまでしか真っ直ぐ飛ばすことができませんでした。

バックスイングで動画で解説されているように右ひじが背中の方へ曲がって回り込んでいないかを確認してみてください。

基本的にアドレスで両腕とシャフトが作る3角形を崩すことなく胸の回転でバックスイングをしていけば右肘が背中の方へ回り込むなんてことはありません。

 

こういったミスはゴルフ初心者に多いです。
よくバックスイングではクラブを低く長く引くということを言われますが、

右ひじがバックスイングですぐに曲がってしまっているという人は、低く長くを意識してバックスイン

グする意識も持つといいでしょう。

 

プッシュアウトスライスが出る人の多くはどんどんバックスイングをインサイドへ引く癖がついていきます。

スライスしたくないという意識がそうさせるのだろうと僕は思うのですが、
バックスイングを極端にインサイドへ引いている人ってダウンスイングで今度はループを描いてアウトサイドからクラブが下りてくる人って多いです。

 

こうなると今度はアウトサイドインの軌道になって、こすり球のスライスが出ます。

いずれにしても腰を回転させるイメージでスイングしているうちはプッシュアウトスライスがなかなか治りません。

腰を回転させるイメージを持っていてもちゃんと腕をローテーション出来ていたら問題ないのですが、そうでない場合は腰の回転を意識しても振り遅れることがほとんどだと思います。

ゴルフスイングで腰を回す意識は必要ない

腰を一生懸命にまわすことでどんどん振り遅れが激しくなっていきます。

雑誌や本では腰からダウンスイングをスタートすることをよく言われているので、これをそのまま意識して実践している人って多いです。

でも、これをやればやるほど振り遅れるという人は多いです。

おまけに振り遅れるのが嫌で左へ突っ込んでいくという人も多いです。

 

左へ突っ込んで軸がブレるというのも僕は経験してきました。

 

これは癖がついてしまう前に直したほうがいいのです。

 

特に野球をやっていた人に多いです。

振り遅れのプッシュアウトスライス。

 

僕は学生の頃野球部だったので、バッティングの要領でスイングすると確実にスライスします。

そのまま球数を打っていると体に悪い癖がついてしまいます。

そのような動きを反復しているといつまでたってもスライスを克服してドローボールを打つことはできません。

インサイドイン軌道でスイングできるようになるには、腰の回転なんて意識する必要はないと言えます。

僕は腰を回す意識はないです。

とくに野球をやってきた人は自然と下半身リードでスイングできている人がほとんどなので腰を回す意識を持つ必要はないです。

ゴルフスイングは腰を回しているように見えますが、回すのではなく、正確には回るのです。
腰は意識して回す必要はないのです。

あなたがいつまでも腰を回すことを意識して練習しているうちはスライスを克服することはできないと思います。
そして、プッシュアウトスライスに永遠に悩まされると思います。

まず腰を回す前に腕のローテーションを覚えましょう。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto