スライスを直す右足土踏まずにエッジを利かせた練習方法

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

今回の動画でもスライスを克服するための方法を紹介しています。

 

スライスを克服するために右脚の使い方について紹介されています。

 

あなたがダウンスイングを下半身からスタートできていない場合、この動画は参考になると思います。

 

この右足に土踏まずにエッジをかけての練習はスライス克服に効果的だと思います。

 

右手だけでクラブを持って、動画のように右足土踏まずに板を置いて、その板にエッジをかけるように足を添えて腰からダウンスイングの切り返しを行うという事ですね。

 

まずこの練習を行った方がいい人というのは、バックスイングで右ヒザが動きすぎて右ヒザが横に流れるスエーになってしまう人です。

右ヒザがスエーしてしまったらそれにつられて同じように右腰も右へスエーしてしまいます。

だから軸がブレてしまいブレたものをダウンスイングでまた左へスエーしながら戻ってこようとしますので、これでは振り遅れてフライスするという場合がほとんどです。

結果的に手をこねるスイングでどうにかフェースを戻そうとしますがなかなかタイミングが合わないとこれは難しいです。

 

バックスイングで右足の外側に体重が乗ってしまって、右足の内側がめくれてしまっているゴルフ初心者が多いです。

これではダメです。
バックスイングでは右足の内側で重心を受け止める感じが必要です。

すると右の股関節にしっかりと重心が乗りますので、バックスイングで正しい捻転ができて重心移動が正しく行われます。

そのためにも今回の動画でお伝えしているように右足の外側に板などを踏んで、エッジを効かせるように右足の内側で重心を受け止める感覚をこの練習で覚えることができます。

 
またアウトサイドイン軌道のスイングになっている人はこの練習は効果的だと思います。

 

インサイドからスイングするための練習になると思います。
そして、右ひじがダウンスイングで右わき腹にしぼりこまれてくる動きはインサイドからクラブを下していくのに必要な動きになります。
スライスする原因はアウトサイドイン軌道のカットスイングでスライスする場合と、インサイドから振れているがインパクトでフェースが開いて当たりこすり球のスライスになっている場合の大きく分けてこの2つがまず考えられます。

 

このサイトをみていただいているあなたならもうお分かりだと思います。
スライスする主な原因というのはこういったカラクリになっているのだと分かっていると思います。

 

あなたがもしもスライスするという場合はご自分のスイング軌道がカット軌道になっていないか?

 

つまりアウトサイドインの軌道になっていないかをまずはチェックすることが大事です。
初心者ゴルファーの多くがアウトサイドインのスイング軌道になってスライスしています。

 

ショートアイアンはスライスしないのに、ロングアイアンやドライバーになるほどスライスしてし

まうという場合の多くはアウトサイドイン軌道が原因となっている可能性が高いです。

 

そういう方は動画のレッスンのように下半身から切り返す練習を行ってみるといいでしょう。

 

右足外側に板かを踏んでおくと右ヒザが流れないという動きがいかに大切かが分かってきます。
右ヒザがバックスイングで右へ流れないこと。

まずはこれがとても大事。
右ヒザというのは不動です。
アドレスからバックスイングで右ヒザというのは不動のイメージが必要です。
右ヒザが流れるから駄目なんですよ。

スライスしている人はほとんど右ヒザが右へ流れています。

スエーしているから軸がブレる。

だからインパクトが安定しない。安定しないから自然と手をコネて合わせるようになる。
だからリスクが高いスイングになってしまう。
インパクトが点でしかなくなり、タイミングが合わなければスライス。

 

体の回転が止まって手首をこねてしまったら今度はダックフック(チーピン)という確率が低いスイングになっていることに早くあなたも気づくことですよ。

今回の動画では右足に板を踏んでのエッジを感じながらの下半身の正しい使い方をマスターする練習ですが、板がないという場合でもタオルなんかを5、6回折りたたんでそれをシューズを脱いで裸足や靴下のまま踏んで練習するのもありですよ。
ちょっと工夫したら板の変わりなんていくらでも思いつきますよね。

 

スライスを克服できるとゴルフがより一層楽しくなりますし、スライスの克服ができるとその後の上達も早くなります。

 

しかし、スライスのスイングのまま練習をして悪い癖を体に染み込ませてしまうとなかなかスライスを克服することが難しくなっていきます。

スライス克服は早めの処置をとることがゴルフ上達には大事な要素の一つです。

 

スライスが直らないことにはいつまでたってもゴルフが上達してくれません。

 

コースに出たらOBが怖くてスライスで飛距離のない弱々しい球筋なんか打っていてもゴルフが楽しくないと思いますし、スライスは早急に克服することをおすすめします。

 

そうしないことにはゴルフが楽しくないから辞めるということになりかねませんしね。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto