スライスを直すクローズドスタンスでドローボールを打つ練習

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。
ドライバースライスを直すために、
練習ドリルとして今回はドローボールを打つための練習を動画で解説されています。

 

クローズドスタンスでインサイドからダウンスイング

動画のようにクローズドスタンスでアドレスして、足のラインに置いたシャフトとスクエアにダウンスイングを降りしてくるイメージを持つという事を動画で解説されていますね。

このように、アドレスして、ドローボールを打つ練習をするということですが、

このドリルは2球行って、通常のスイングを1球行うというペースで練習することによって、アウトサイドインが治ってドローボールを打てるようになるという事を言われています。

 

この練習は確かにアウトサイドインの軌道を直すためには良い練習方法だと思います。

 

アウトサイドインでスライスするという人はこの練習を試してみるといいでしょう。

 

クローズドスタンスにして練習することで肩の開きを抑えることができるというメリットがあります。

今回動画でお伝えしているスライスを直す方法としてクローズドスタンスでの練習がおすすめということを言われていますが、これは多くのレッスンでも取り上げらえている内容なのですでにあなたも知っているよ。と思われるでしょう。

実際にやってみてどうでしたか?

僕はこのクローズドスタンスで球を打つ練習を昔やってたことがありますが、当時は何も考えなくやみくもに球を打っていたので、結果的にこれだけではスライスを直すには至りませんでした。

クローズドスタンスでインサイドから打てるようになったとしてもフェースが開いていたらスライスしますからね。

このクローズドスタンスで球を打ってもフェースが開いていたら右へすっぽ抜ける球が出ますので分かります。
だから、フェース管理が大事です。

フェース管理についてはこちらのページで僕が動画でお伝えしていますので確認してみてください。

 

肩の開きを抑えるための良い練習

また、クローズドスタンスでアドレスすることによって、インサイドからクラブを下しやすくなりますしね。

この練習を行ってスライスの曲り幅が小さくなってくると思いますが、
それでも、アウトサイドインの軌道が治っても今度は、先ほどお伝えしましたように、インサイドからの振り遅れによってプッシュアウトスライスが出始める人がいます。

 

僕がそうでしたので良くわかります。

プッシュアウトスライスは癖になると、なかなか直すのが手ごわくなると思います。

 

プッシュアウトスライスはコースに出るとOBになる確率が非常に高い球筋です。

 

右へ飛び出して、さらにそこから右へ大きく曲がっていくわけですからね。

 

また、プッシュアウトスライスを打つ人に多いのが右へふけあがっていく球筋です。

 

この球筋は左からの風に非常に弱く、どんどん右へと流されていきますので、右側がOBのホールで風が左からきている場合は、ドライバーでプッシュアウトスライスが出る人はほとんどの確率でOBになってしまいます。

スライスを克服して、ドローボールを打つためはインサイドイン軌道でスイングすることが大事です。

上の動画で解説されているように、まずアウトサイドイン軌道でスイングしてスライスしているなら、それを直すためにこのようなクローズドスタンスで球を打つドリルを取り入れて練習してみてください。

 

アウトサイドインの軌道を治すことを先に考えて練習された方がスライスの克服は簡単だと個人的には思います。

 

アウトサイドインの軌道をインサイドアウトに変える。ぐらいの気持ちでも最初はいいです。

大げさにやるだけです。

そして、アウトサイドインが治って今度はプッシュアウトスライスが出始めたという場合は、振り遅れている証拠ですので、腕のローテーションを意識して練習することをお勧めします。

 

腕のローテーションに関しては以下のページで僕が詳しく解説しています。

スライスを直すために必要とされる前腕のローテーション
あなたが前腕の使い方を今までとは違った感覚だった場合、前腕を回すという動きをやってみると分かると思いますがかなり違和感を感じると思います。

 

そんな違和感を感じること自体が、「正しい動きを身に着ける」ためには重要なこと。

「気持ち悪いなー」って思うかもしれませんが、初めはそれでいいです。
違和感を感じて気持ち悪いと感じないと動きを矯正していくことはできませんから、スイングを変えるという事はこういった気持ち悪いという感覚があってこそ今までとは違う動きになっている証拠だと思ってください。

 

腕、クラブ、体が同調してきて、インサイドインの軌道で体の正面でインパクトできるようになってくるとスライスはなくなります。

 

あなたがこれからゴルフを上達させていくために、まずはスライスという球筋を克服しないことにはどうしようもありませんので、スライス克服を目指して頑張っていきましょう!

 

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto