スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

スライス克服と考えて練習してもスライスを克服できずに悩んでいるという場合は、今回もスライス克服に役立つことをお伝えしますので参考にしていただければと思います。

主に、スライスする要素はダウンスイングでアウトサイドインの軌道になってスライスするという事がありますね。

 

特に初心者ゴルファーの方に多いスイング軌道です。

 

もともと、球筋がフェード系という人はアウトサイドイン軌道でスイングしているという事がありますが、やっぱりスライスを直すためにはインサイドからスイングできないことには意味がないのでそうするために、バックスイングに着目して、スライスを克服するためのバックスイングをお伝えしていこうと思います。

 

バックスイングではクラブを低く長く引くとか、まっすぐ引くとか言われますが、このイメージでバックスイングをしても体が捻転できずに、ただスエーしている人は多いです。

 

バックスイングで低く長くクラブヘッドを引いて本人はやっているつもりです。

実際は体を捻じる動き(肩の回転が浅く)ただスエーしいてるという場合があります。

 

こうなるとギッタンバッコンのスイングになりやすいです。

 

トップで無駄に左腕に力が入ったり、左肩周辺に力が入ったりですね。

 

そして、このようなトップになる人はアウトサイドからクラブが下りてきやすいです。

 

これは直さないといつまでもスライスを克服することはできません。

 

なので、こういう場合はバックスイングは右肩を引く、もしくは右ひじを引くという意識でバックスイングしてみましょう。

 

右肩を真後ろに引くことにより肩の回転が深まりますので、その分捻転差が生まれます。

 

そして、右肩を引く意識でバックスイングを作っていくと軸がブレない(右サイドにスエーしない)バックスイングができるようになります。

 

よく正拳突きの要領で右肩を後ろに引くようにバックスイングすると言われますが、これはまさしくその通りだと僕は思いますね。

 

バックスイングを「遠くへ上げよう」とか思って一生懸命手元を遠く動かしている人がいますが、これでは体を捻じことができません。

 

これでは、捻じるというよりもスエーしてしまうことに繋がりますので、右肩を後ろに引くという感覚でバックスイングを作っていってください。

 

バックスイングで右肩を後ろへ引くことについて分かりやすい動画がありましたのでシェアしておきます。

 

このようにバックスイングでは右肩を後ろへ引くことができるようになると捻転差の深いトップができるようになります。

そして、クラブがインサイドから下りやすくなります。

 

そうすることでアウトサイドインの軌道を克服することになりますので、カットスライスが出なくなります。

 

バックスイングが正しくできているか、スライスを克服できないという場合は考えてみてください。

 

正しくバックスイングができていると正しいスイングに繋がります。

無理なバックスイングの仕方をしていないかを確認してみてくださいね。

 

ただし、バックスイングで右肩を後ろに引くということはいいですが、バックスイングでクラブまで背中側(極端なインサイド)に引っ張り込まないことです。
アマチュアゴルファーの多くがバックスイングでクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまう癖があります。
まず気を付けていただきたいのが、右肩を後ろへ引くことでバックスイングをされる場合、アドレスでの両腕とクラブが作る三角形をできるだけキープするようにテークバックしていきます。
そうすることで、手首を使ってフェースを開きながらクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまうというアマチュアゴルファーに多い悪い動きを矯正する効果があります。
右肩を真後ろへ引いてばくスイングをするけど、クラブヘッドまで背中側に引っ張り込まないという事。

インサイドへクラブヘッドを引っ張り込んでバックスイングしてしまったらシャフトが寝ながら上がっていきますので、トップでフトコロが潰れてその反動でオーバートップになったりシャフトクロスしたりという再現性の低いスイングの動きになってしまいます。
ここでは余談になるかもしれませんがバックスイングではシャフトを立てるように上げていき、トップからの切り返しからシャフトがいったん寝てダウンスイングに入るようになるとインサイドからダウンスイングできるようになります。

 

また、あなたがどうしてもバックスイングでクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまってシャフトが寝ながら上がってしまうという場合は、水平素振りをしてみてください。
動画で僕がお伝えしているように水平素振りを行うことによって、バックスイングでクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまうという動きを矯正する効果がありますよ。

また、あなたがスライスを早急に克服したいという場合、さらに詳しいスライス克服の方法はメルマガ限定でお伝えしています。お楽しみに。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto