左ワキが空いて振り遅れのプッシュアウトスライスを克服する基礎ドリル

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回はプッシュアウトスライスを克服するためにその原因と解決について参考になる動画がありますので、ご紹介したいと思います。

プッシュアウトスライスを打っているという場合はこの動画で言われていることを気にしながら練習してみるといいでしょう。

 

スイング中に左肩が上がってしまわないようにできるだけ左肩の高さを変えることなくダウンスイングからフォローにかけてスイングするという事を言われています。

 

「ん~、、、なんとも難しいというか細かいことを言っているな~・・・」というのが苦の正直な感想です。

 

左肩が上がることにより、左ワキが空いてクラブが寝て振り遅れるという場合は、自分が振り遅れているというのがどういった原因で、またスイングがどうなっているか?理解できてないという場合はこの動画で「こんなスイングになっているんだな」ということをまずは知ることが大事ですね。

 

左脇というのはインパクトでしっかりと閉まっていないといけない。
左脇が閉まる感覚というか感触が分からないというのであれば、それはスライス克服に時間がかかると思った方がいいでしょう。

 

右へ飛び出すプッシュボールが出て、それを嫌って今度は手を返すと左へひっかけるチーピンが出やすくなります。

 

そこで、動画ではプッシュアウトを直すために有効な練習方法を紹介してくれています。

アドレスでセットアップするときに左手だけでグリップする。

右手は動画のように左ひじをサポートしてバックスイングで体から左ワキが離れてサポートしている右手が左ひじから外れないようにします。

 

そして、ダウンスイングからインパクト以降も体から左腕が外れないようにするという事ですね。

左腕が外れないように右手でサポートしながらスイングを行うという練習です。

 

この練習は片手打ちで左手だけ、右手だけでボールを打つ練習をしている人はおのずとできてくると思います。

片手打ちをやっているとおのずとこのように左脇を開かないような腕の使い方ができるようになります。初めはできないかもしれませんが、そんな時は前腕をローテーションさせることを覚えたら簡単です。

僕がいつも口うるさく言っている前腕のローテーションです。

これができたら簡単にスライスを克服できる確率が高まりますよ。

 

慣れてきたら右手を離して片手だけで打ってみよう

実際に僕は片手打ちを継続してやっていますが、片手だけでクラブをグリップしてボールを打つことは腕のローテーションが覚えやすいという事もあります。

 

また、片手打ちをまだやったことがないという場合は、いきなりやってもなかなかボールに当たってくれないと思いますので、そういう場合もこの動画で解説されているように左ひじを右手でサポートしてボールを打ってみるといいと思います。

 

片手打ちをやっても初めはボールに当たらないので面白くないからあきらめるという人も多いです。

でも、その時点で上達の近道を放棄しているようなものです(笑)

 

個人的にこの練習は左手の使い方もよくなるし、動画で言われているように左肩が上がって振り遅れるという人にとって有効な練習方法だと思いますね。

 

プッシュアウトスライスが止まらないという場合は、このドリルをドライバーで行ってみるのもいいですね。

 

動画ではアイアンで行っていますが、ドライバーはシャフトが長いですし、このように練習することでダウンスイングで早めに腕の旋回を入れていく必要があるという事を反復することによって体が覚えていきますからね。

 

このサイトではスライス克服に特化してその方法をお伝えしていますが、このドリルはシャンクするという場合も有効ですね。

シャンクする場合は手元が体から離れてインパクトしているというのがあります。

だから手元を体から離さないようにするためにもこういった練習はおすすめです。

スライスやシャンクを直すために有効

シャンク振り遅れによってフェースローテーションができずにインパクトで手元がボール方向へ押し出せれてしまうことで起こるわけですので、振り遅れスライス、振り遅れのシャンクなどで悩んでいるという場合は、初歩的な練習ですがこういった練習をコツコツと積み重ねていくといいでしょう。

今回の動画では左肩が上がって振り遅れるということを言われていますが、言い方を変えれば右肩が下がっているとも言えます。

右肩が下がるという事は、ダウンスイングで頭の位置が右サイドへ倒れていることが原因です。

頭の位置がダウンスイングで右サイドへ倒れていく(頭の位置が変わる)ので結局右肩が下がるわけです。

そして、左肩が上がって、左ワキが空きやすくなり振り遅れるというわけです。

振り遅れのプッシュアウトスライスに昔は僕も悩まされてきました。

 

他にも振り遅れる原因はあるのですが、今回は左肩が下がって左ワキが空いてこのようにプッシュアウトスライスが出るという方は動画の練習方法を参考にしてみるのもアリだと思います。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto