スライスを根本から直す体のターンでクラブをスクエアに戻す練習方法

スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回の動画でもスライスを克服する方法についてレッスンを紹介しています。

真剣にスライスを撲滅するということですね。
簡単にスライスを直すような付け焼刃の方法ではなくて根本からスライスを直す理論になります。

https://youtu.be/IMwBYGm6_7M

 

多くの場合、フェースの面がインパクトでスクエアにもどってこないのでスライスになってしまいます。
そして、このスライスになってしまう一番の原因としては手打ちにあります。

手打ちになると球は全く捕まらずにスライスになってしまいます。

 

腕を振ってクラブを振る形になると、体を止めて手を返しているのでヘッドがスクエアに戻ってくるのではないかと思われるのですが、実際はいざ打つとなるとフェースはほとんどスクエアに戻ることができません。

 

スクエアに戻そうと思ったら手が逆走しないといけないわけです。

 

ということは腰を引いたり伸びあがったりしてヘッドを返す必要があります。

 

実際にフェースがスクエアに戻ってくる感覚は手打ちでは難しく、本来は体のターンによってフェースを戻してくることを習得する必要があります。

 

すごく分かりやすいのがですね。
バックスイングしてトップからイメージは上半身は何もすることなく下半身のリードでインパクトまで戻してきてみてください。
この時にインパクトでスライサーのほとんどがフェースが開いていることに気づかれると思います。
腕や手を使ってクラブを上げている人にとって必ずフェースというのは開いて戻ってくるのでこのトップから上半身は何もすることなく下半身のリードのみでスローでいいのでインパクトまで戻ってくる練習がスライス克服のヒントになります。

 

 

今まで手を使っていた人にとっては余計にスライスしてしまうのではないかと思われますが、これを体で身に着ける方法としてまずはグリップのポジションとクラブヘッドのポジションを変えることによってスクエアのインパクトを目指しましょう。

 

まずはクラブヘッドを目線の高さまで上げてみて、ここで多くの方が気付きます。
「あれ?ヘッドが開いているな」ということです。

すでにアドレスの段階でフェースを開いて構えてしまっているというわけです。

 

アドレスしている時に真っ直ぐ構えているつもりが目線の高さまでヘッドを上げるとフェースが開いているということがよくあります。

 

単純にセットアップの段階でフェースが開いていることが原因となっている人も多いです。
でも、ほとんどの人はこれだけではスライスは直りません。

次に目線の高さまでクラブを上げてヘッドを反時計回りにして右に被せてみてください。

そうすることによって左へしか飛ばないと思います。

もちろんそのまま打つと左へがつんとつかまってしまう人も多いですが、この状況でも多くの腕を振っている方にとってまっすぐ飛ぶ人がとても多いです。

実際にこれだけで球はまっすぐに飛びます。

 

ここで覚えたいのが球がまっすぐに飛ぶ感覚をしっかり覚えて繰り返し練習することで球を捕まえる感覚が磨かれます。

 

このようにクラブフェースを45度かぶせてアドレスして打つことによって球を捕まえる感覚を養い。徐々にそれからスクエアな状態に近づけていけばいいです。

 

という、なんとも力技的なスライスを克服する方法なんですが、

実際にこれをやってみたらわかると思いますが、フェースが被っているというのはこういう事なんだという事が分かります。

 

いわゆるシャットフェースというやつです。

 

次に自分がイメージしている逆の球を打たないようにすること。

 

そうすることによって最終的にスライスを撲滅する確率が上がります。

グリップの左手の形状がとても重要となります。

 

多くの人はフックやドローを打つためにストロンググリップを採用しようとする人が多いです。

でも実はこれはフックグリップと呼ばれているのは日本だけです。

 

体のターンによってクラブがスクエアに動く感覚はストレートからインサイドの軌道を作れるが本

来ストロンググリップはフェードを打つために適しているグリップです。

ほとんどの人がストロンググリップを採用すると実際にはフェードグリップもしくはスライスグリップと呼ぶべきだという事を動画で言われています。

 

グリップはスクエアにする方がクラブのローテーションの量が増えます。

 

捕まった球を常に打ち続けたい場合はスクエアのグリップを採用しましょう。

フックグリップでグリップして前腕を思いっきりダウンスイングで反時計回りに回転させるように使ってみたらわかる通り思いっきり左へ引っかかるフックボールが出ます。

フックグリップというのは元々フェースの開閉を抑えて打ちたいという人のためのグリップですので、フェースの開閉を積極的にしたいという場合はフックグリップではなくスクエアグリップがおすすめです。

自然なアームターンができるように練習することでスライスという逆玉を撲滅することができるようになります。

 

今回の内容は以上になります。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto