スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回もスライス対策としてスライスに悩んでいるあなたにとって有益な情報をお伝えしていきます。

今回のテーマは

【スライスをなくすためのテークバック】です。

動画ではクラブをアウトサイドへ上げることを言われていますが、ただクラブを外に上げたらいいというわけでもないので勘違いしないでくださいね。

 

この動画でスライス対策としてスライスの原因となるスイング軌道から紹介してくれています。

スライスをなくすためのテークバックという言葉を聞いた事がないという場合が多いのではないでしょうか?
ダウンスイングでアウトサイドインのカット軌道でスイングしてしまう場合は、テークバックの上げる方向が大きく影響しているという事です。

 

動画で紹介されているようにボールにアドレスをして、後ろから見て肩とボールを結ぶラインに対してダウンスイングでこのプレーンを追い越してしまうと、アウトサイドからインパクトしてしまうことになります。

 

あなたがこのようにインパクトしてしまっているならスイング軌道を変える必要があります。

 

スライスをなくすためにはこの動画で紹介している肩とボールを結んだラインからスイング軌道が追い越さないように、ラインの内側からクラブを入れる必要があります。

 

そうすることによって、ドロー回転のボールを打つことができます。

この理屈はあなたもいい加減理解されていると思います。

 

このインサイドからの軌道を作るための練習をしている人って多いですが、

インサイドを意識しすぎてテークバックをインサイドへ上げている人がいます。

 

バックスイングからインサイドへクラブを引っ張り込んでしまっているので、トップでフトコロが潰れてしまって、ダウンスイングでクラブをインサイドから下せなくなるというわけです。

そして、インサイドへテークバックしてしまう(インサイドへ上げすぎる)ことがカットスイングを作ってしまうという事です。

 

なので、今回の動画でお伝えしているようにテークバックをアウトサイドへ上げてインサイドからダウンスイングしやすくするという方法です。

 

テークバックでアウトサイドへ上げることによって、大きなトップを作ることができます。

大きなトップというのもそうですが、詳しくはフトコロが深いトップですね。

 

アウトサイドへテークバックすることによって懐を広く使うことができるのでダウンスイングでインサイドから下しやすくなるという事ですね。

 

 

そして、動画でインサイドへテークバックした場合とアウトサイドへテークバックした場合の違いを打ちっ比べています。

テークバックの上げる方向を変えるだけでダウンスイングをインサイドから下せるようになるということを解説されていますね。

あなたがインサイドを意識しすぎてテークバックをきついインサイドげ上げてしまっているという場合は参考になるかと思います。

きついインサイドにあげてしまったらトップでループしてアウトサイドから下りやすくなるというのはあながち間違いではないと思いますので(もちろんループしないという人もいますが)きついインサイドに上がっていってないかを確認するというのもいいですね。

 

また、このように動画で言われていることを実践しようと真似してもうまく行かない人が多いと思います。

なので、そんな場合は僕がおすすめするバックスイングを正しく上げるための練習を行ってください。

その練習とは、壁の前にアドレスしてお尻を壁から10センチぐらい離して、クラブは7番アイアンでいいので壁にクラブが当たらないようにバックスイングの練習をしてみてください。

この練習をすると自分がいかに今までバックスイングでクラブをインサイドへ引っ張り込んでいたのかが分かります。

はじめはクラブが壁に当たってしまう人がほとんどでしょう。

でも、壁に当たらないように意識してバックスイングからトップまで行ってみてください。

こうすることで正しいバックスイングを体が覚えてくれます。

そして、意識しなくても壁にクラブが当たらないようになるまで練習されてみてください。

テークバックは両腕とクラブの3角形をキープする

よくバックスイングをアウトサイドへ上げなさいと動画のように言われたら、手元だけでクラブをアウトサイドへひょいっと上げようとしてしまう人が多いです。

でもこれではいけません。

いくらアウトサイドへクラブを上げていったところでこのように手先だけでクラブを上げてしまったら体が捻転不足になってしまいます。

なので、アドレスから両腕とクラブが作る3角形を崩さずにできるだけ右足前をクラブが通過するまではこの3角形をキープするようにテークバックしてください。

こうすることでもクラブをインサイドへ引っ張り込むという事を防げますし、またひょいっとアウトサイド委へクラブを上げてしまう意味のない動きもできないので正しいテークバックを覚えるという意味でも、両腕とクラブが作る3角形をキープしたままテークバックすることを意識されてみてください。

 

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto