スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回もスライスを直す方法を動画で解説していこうと思いますね。

今回は粕谷正美プロのレッスン動画になります。

スライスを一発で直す練習方法として解説されています。

実際にその効果は?


スライスを直すためには右腕の正しい動きを覚えることが大事だと言ってます。

 

「うーん!実に分かりやすい表現で前腕のローテーションのことを解説されていますね!」

 

ゴルフスイングではバックスイングで右腕の前腕が外側に回転していきます。

 

球を下に向かって投げてみたら右腕の前腕が回転しているのが分かりますね。
とくに野球をしたことがあるという場合はこの前腕が回転する感覚ってすぐに分かると思います。

ゴルフスイングってよくバッティングの動きと一緒ぐらいに勘違いされることが多いんですけど、実はバッティングではないんですよね。
僕はもともと野球経験者ですので、ゴルフスイングも野球のバッティング同様だと思い込んでいました。でもね。そう思って打ってるとまずスライスが克服できないんですよね。

バッティングじゃなくてスローイングなんです。

スローイングの右腕の使い方そっくり。
特に今回動画でもお伝えされている通りで、右腕の前腕って回転するんですよ。

だからフェースも右腕の前腕が回転することで同じように回転しながら球をとらえていくんですね。これがよく言われるフェースターンって動きなんですよ。

これができないといつまでたってもスライスを克服できないです。
以前の記事で竹村プロがドアノブをひねる動きということを言っていたのを覚えていますか?
憶えていないって場合はこちらで確認してください。めっちゃ大事ですからこれ。

 

そして、今回も動画も見てもらえたら前腕の回転という意味がより理解できると思いますよ。

 

動画のような右腕が外側に回転する動きの事を回外と言います。

そして、ダウンスイングではこの回外した前腕を戻してくる動きが必要となります。

 

僕がいつも言っているように、「自分から見て反時計回りにダウンスイングで前腕を回す」ということです。

 

このダウンスイングで回外した前腕を捻じり戻してくる動きの事を回内と言います。

 

このようにゴルフスイングは右腕の前腕が回内しながらボールを打つことになります。

 

今回の動画では前腕が回内しながら戻ってくるという表現をされています。

つまり自分から見て反時計回りに回転するということです。

分かりますよね?

 

これは野球などのボールを投げる動きと非常に似ています。

 

そう!スローイングの腕の使い方にそっくり。

球を飛ばしたかったら前腕を高速回転してやったらいいですよ。

 

ボールを打つバッティングの動きとよく勘違いされる方がいるのですが、実はゴルフスイングはボールを投げる動きに似ているという事ですね。

 

ボールを打つ方だと思っていた場合は今日からボールを投げる方の動きに似ているという事を知っておいてくださいね。

 

まちがってもバッティングのイメージは捨ててくださいね。
スローイングに変えてください。

初めは違和感あると思いますが、イメージを変えることも大事ですからね。

 

まず、ボールを投げるという事をあまりしたことがない場合は、まずはアンダースローでボールを投げる練習からしてみるとゴルフスイングの動きに直結していくのでスイング上達に役立ちます。

 

動画でやっているように、このように体の中心で右手でバックスイングをして動画のようにボールを投げてみてください。

 

この投げるときに右腕の前腕がバックスイングで回外します。

そして、投げるときに右腕の前腕が回内してきます。

 

なので右腕の前腕を捻じる動きが自然と発生します。この練習を取り入れてみてください。

動画のように極端に右腕の前腕の回内を鋭く行ってみるといいでしょう。

 

要は右腕が回外して回内する動きをできるようになると右腕の使い方が分かってきます。

 

腕のローテーションができるようになるとスライス克服に大きく前進したと思っていいです。

 

この右腕の使い方が分かってきたら、もう右手一本で球を打っても簡単に打つことができるようになりますよ^^

右手1本で球を打つ練習が楽しくなってバシバシ打っているとどんどんスイングが良くなっていきますから。

実践してみてください。
ゴルフって右手1本で練習してたら勝手にうまくなるじゃんって実感できますから(笑)

 

バックスイングからトップまでに腕がローテーションして、ダウンスイングでローテーションしたのを戻す必要がありますので、ローテーションというのがよくわからないという場合はこの動画は参考になると思います。

 

こうやって腕のローテーションが正しくできるようになってから、はじめてボディーターンで腕を意識せずにスイングすることができるようになるわけですよ。
初めからボディーターンだと思って体ばっかり回しても腕が正しくローテーション出来ていなかったらそりゃスライスするに決まってるじゃないですか(笑)

 

さて、ここまで話してきてだいぶスライス克服についてあなたは前進してます。

あとはもっと詳しく簡単にスライスを直してドローが打てる方法はメルマガ限定でお伝えしています。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto