スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

スライスを直すために効果的な方法をお伝えします。

スライスが出るという場合はこの意識によってスライスを克服する効果があります。

それは【左肩とアゴをダウンスイングで引き離す】という動きを入れることです。

どういうことなのかを動画で解説しているのでご確認ください。

 

 

早速この意識でダウンスイングするようになってスライスが直りました。というご報告をメールでたくさんいただいています。

あなたがスライスに悩んでいるという場合は一度お試しください。

理屈は動画でも解説しているように、ダウンスイングで多くの人が左肩とアゴがくっついたままで離れていかないので、インパクトが詰まってしまいます。

こうなると左肩というのは上に上昇していきますので正しく肩の回転ができなくなります。

肩の回転が正しくできなくなるのでインパクトでどうしても手元を使いすぎてしまってインパクトが安定しません。

また、肩が正しく回転してくれないの前傾姿勢も起きてしまいます。

前傾姿勢が起きてしまうので、当然インパクト手元を使って合わせるしかなくなります。

これがスライスしてしまう。

つまりダウンスイングで左肩とアゴが離れていけばいいのですが、これが多くの人ができていないんですね。

こうやってスイングを考えたときに多くの人がトップから下半身から切り返す意識でやっていると上半身の肩の動きまで正しく動けていないのでいくら下半身リードができていてもスライスが直らないという結果手になってしまいます。

 

まずは再現性の高いスイングをするためにもスライスというのは直すこと。

そのためには、肩の回転を正しくする必要があります。

意外と下半身リードより肩の回転の方が大事だったりします^^

このポイントに気づいて左肩をダウンスイングでうまく動かして、アゴを引き離していくことができるようになるとフォローも大きく取っていけるようになるのでかっこ悪いスイングともお別れすることができます。

肘が引けるあのかっこ悪いフォローですね。

 

あなたが今まで意識したことがないよ。左肩の動きなんかという場合は、ぜひ参考にしていただけたらと思いますね。

というわけで、今回は以上です。

最後にあなたが短期間で一気にスコアーを縮めて周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

80台、70台を当たり前に出していける再現性の高い正しいスイングを作る方法を公開しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto