スポンサーリンク

ゴルフ侍トシです。

スライスを直すために、動画でローテーションについて解説していますのでご確認ください。

スライスしてしまう理由として腕がしかりローテーションできていないということが初心者ゴルファーのうちはけっこうあるミスなんでぜひこのポイントはあなたにはクリアしてほしいと思います。

スライスを克服するゴルフ初心者でも分かりやすいローテーションの動き

けっこう今回も分かりやすく解説していると個人的に思いますのであなたがスライスが直らないのであれば、参考にしてみてください。

前腕を回すという使い方をイメージしたりとか意識してもなかなかうまくいかないという場合は、ドアノブを回す意識に変えてみるというのも1つの手です。

ドアノブを回すようなイメージであれば、あなたもイメージしやすかったり意識しやすかったりすると思います。

ぜひ、前腕をくるくるドアノブを回すように使ってみてください。

前腕がこのように回り出すと「すくい打ち」のイメージが消えてきます。

 

今までボールを上げようという意識とかイメージがスイング中、頭のどこかにあった場合、このように前腕を回すように使うことによって徐々に「すくい打ち」のイメージは解消されてくるはずです。

 

そして、ボールを上げようとするイメージがなくなってくると、ハンドファーストで右手首が甲側に折れたまた前腕を捻じるように使えるようになるので、今までよりも軽く打っているつもりでも打ちだされた球が強くなっているのが分かると思います。

 

打ち出された球が強くなっているのが分かるのと、右に打ち出された球が左へ緩やかに曲がりながら戻ってくるドローボールに変わっていることに気づかれると思います。

 

ドローボールを打つためには腕の動きから直す必要がある

あなたもドローボールを打つために日々練習されている事でしょう。

スライスを克服したいという強い気持ちを持って練習されていると思います。

そのためには、まずは腕の動かし方を正す必要があります。

腕が正しく動くようになってから体の回転を加えていくぐらいの意識があるといいです。

まずは今回の動画でお伝えしているようにドアノブを回すイメージで小さいふり幅でいいのでボールを打ってみてください。

気持ち的には、8時から4時ぐらいのアプローチショットでいいので前腕を回す、ドアノブを回すイメージでボールを打ってみてください。

 

そしてこの小さいスイングでも前腕をインパクトゾーンで回転させながら球を打つと強い球が打てることに気づかれると思います。

「軽く小さいスイングで打っているのに強い球がいくな~」とか

「なんだかつかまりがよくなったな~」とか

「インパクトが点じゃなくてゾーンになった気がする」とか

「フェースターンってこういうことを言うんだな」とか

このように、まずは小さいスイングで前腕を回しながら球を打つことで、いままで「すくい打ち」をしていた場合、新しい発見になると思います。

 

そして、これがドローボールを打つために必要な動きです。

 

まずは小さいスイングでこのようにフェースターンを覚えながら練習されるといいですよ。

積極的に前腕を回しながらスイングを大きくしていく

小さいスイングで球がつかまる感覚がわかってきたらだんだんスイングを大きくしていきましょう。

アプローチショットのように8時から4時ぐらいの振り幅から練習を開始して、その後は9時から3時ぐらいのハーフショットの振り幅にしてと。。。

このようにスイング幅を徐々に大きくしていきます。

そして最終的にフルショットしていってください。

これだけでも今までスライスしていた人でもスライスが出なくなったよ。という人もけっこういます。

それは小さいスイングで前腕をしっかり回転させながらボールを打つことで腕の正しい使い方を徐々に体に刷り込むことができるからです。

 

そして、前腕が捻じられるように回転しながら球を打てるようになると、今までとはフォローからフィニッシュの振りぬきの感覚が違う事に気づかれると思います。

 

「あれ?いま、なんか気持ちよく振りぬけたんじゃない?」という振りぬきの違いに気づかれると思います。

 

腕が正しく使えるようになるとまずフォローからフィニッシュで振りぬきの感じが今までと違う事に気づきます。

 

「気持ちよく振りぬけた」という達成感を味わえることにもなります。

 

それは「すくい打ち」が直ったからです。

 

「すくい打ち」が直ったらこんなに振りぬくが変わるものなんだ。ということにあなたも気づかれると思います。

 

スライスを克服するためには、素直に動画で行っている動きを真似してみる

今、あなたが僕の動画を見て「よーし!今日からドアノブを回す意識で前腕を動かすぞ」と信じていただければ嬉しいです。

 

あなたのスライス克服の道は開けました。

大げさでも何でもありません。

 

まず動画で僕がお伝えしていることを頭に入れて、空いた時間にでも前腕をくるくると回してみてください。

 

普段からすくい打ちのイメージや動きを矯正するために、何気なくでもいいので、このように前腕をくるくると回してみるという事。

 

このクセをつけておくと、スライス克服はかなり近い将来、現実味を帯びてきますよ。

 

スライスが直るとこんなにゴルフが変わる

あなたにはもう言うまでもないかもしれませんが、

スライスが直ったらゴルフがまず楽しくなります。

ドローボールを打てるようになると気分的にも周りのスライサーとは自分は違うんだ。オレはついにスライサーから脱却できたんだ。という優越感に浸れますし、また自信を持てるようになる。

あなたの周りにもスライスで悩んでいる人はたくさんいることでしょう。

そして、あなたも今まで同じようにスライスに悩まされてきたのに、克服できたとなっては彼らから見るあなたは、「うらやましい」「オレもスライス克服したい」「教えてほしい」など。

 

尊敬のまなざしへと変わります。

スライスが克服できた時はそれぐらい心が満たされることに僕は気づかされました。

あれだけ悩んでいたスライスが克服で来たらこんなにもゴルフが変わるのか?

そして周りからこんなにも羨ましく思われるものなんだという事に気づきました。

ざっとスライスが直ったらこんなメリットがあるよ。ということをお伝えしておきます。

スライスが直ると?

 

・飛距離が伸びるので「飛ばし屋!」と周りから言われたりする

・右に曲がっていってOBになる忌々しい球筋とお別れできる

・右サイドのOBにびびらなくなる

・オレにもスライスの治し方教えてくれ!と懇願される

・軽く振っているつもりでもマン振りしているスライサーよりも断然飛ぶ

・自分もスライスを克服できた一握りのアマチュアゴルファーの仲間入ができたことに喜びを感じる

・練習場でドローボールを連発している自分に対して周りの視線を感じるようになる

・朝一のティーショットから自信を持ってスイングして行けるようになる

まあ、ざっと上げましたが、スライスが直ったらマジで今までよりゴルフが優しくなりますし、楽しくなりますし、スライサーから脱却できた自分に対して自信を持てるようになります。

あなたも目指しているところは間違いなくスライスから脱却してドローボールを打つことだと思います。

ぜひこのサイトをくまなく見ていただき、ドローボールを打てるようになってください。

 

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto