スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回の動画ではフォローで左ひじが抜けてしまいスライスが出るという場合の解消方法として動画でその練習ドリルが解説されていますので、人によってはスライス克服に役立つと思いますので、参考にしてみてください。

左ひじが抜けてスライスするを解消するドリル

スライスを直すための左ひじがフォローで抜けないようにする練習ドリルを動画で解説されています。

小さいスイングでこのように左ひじが抜ける人はフルショットをしてもスライスが出るということですね。

 

小さいスイングで練習することは基本の【ビジネスゾーン】と言われる、いわゆるプロがゴルフで飯を食っていくために気を使っているハーフショットの再現性から高めていき、ゴルフ初心者の方がこのように小さいスイングからスイングを作っていくという点に関して言うと良いと思いますね。

 

僕も、フルショットばかりを練習してゴルフを始めた当初は「ハーフショットなんてつまんないし」とか思っていましたが、基本を大切に考えて初心者ゴルファーの方がこのようにハーフショットの練習を練習場で取り入れるという事は良いことだと思いますね。

小さいスイングでうまく打てないのであれば、大きなスイング(フルショット)で練習しても一緒ですからね。

どのみち小さいスイングでうまく打てなかったらフルショットをしても上手く打てる確率って低いですから。

だからあなたも小さいスイングでまずはスイングを作っていくという事も視野を広くして考えに入れておくことが重要ですよ。

これもスライスを克服するための近道になりますから。

 

小さいスイングから作っていくと効率的に上達する

ハーフショットがまともに打てないのにフルショットをまともに打てるようにとか思わずに、小さいスイングを作る基本を体に覚え込ませるということに関しては地道にこのような練習を取り入れてやっていくことで成果は早く出てくると思います。

 

スライスするという場合、左ひじがフォローで抜けるという方はこの練習を実践してみるのもいいかと思います。

ただ、僕としては左ひじが抜けるというのはアウトサイドインの軌道でスイングしているか、もしくは腕のローテーションが正しくできていないためにフェースが開いてインパクトしてフォローでこのように左ひじが抜けてしまっているということになりますので、ご自分のスイングがアウトサイドインなのか、もしくは腕のローテーションができていないのかを確認する意味でもこのような練習をたまに取り入れてやるという事は良いことだと思います。

 

このサイトでは何度も腕のローテーションを覚えることが大事ということを言ってます。

スライスを克服するためには腕のローテーションを覚えることは大事ですからね。

ゴルフ初心者の人にとってフェースをボールに綺麗に当てたいという意識があるので、どうしてもインパクトですくい打ちの動きになって手首をこねるフリックを入れてしまいやすいです。

これが実はスライスが直らない原因となり腕のローテーションが憶えられない原因でもあるので、まず球がどこに飛ぶとかそういったことは考えないようにして腕を正しくローテーションさせることから始めた方が上手くいきます。

 

だから何度もお伝えしていますように、下半身リードとか腰を回転させるとかダウンスイングではタメを作るとか色々と知識や情報を取り入れていくのも、ゴルフが好きならいいと思いますけどただ頭でっかちになって現状スライスをいつまでたっても克服できないなんてことにならないように、基本となる腕のローテーションをこちらのページで解説しているのでまずこれを覚えてください。

 

話を左ひじの引けに戻しますが、スライスする人に多く見られる左ひじの抜け(引けとも言う)はドライバーだけではなく、アイアンでも同じように左ひじが抜けてフェースが開いてインパクトしてしまっているという人が多いです。

 

左の肘が引けるというのも前腕が正しくローテーションしていないというのがあります。

つまり右手首を手首が手のひら側に折れてインパクトしてしまったら、左手首というのは甲側に折れてしまいますよね。

左手首が甲側に折れてしまったら自然と左ひじというのが引けるようになっています。
だから左ひじを伸ばそうとしても左手首が甲側に折れていると伸びないわけです。

だからインパクトが詰まってしまいます。

 

スライスしている原因を知るという面でもおすすめ

 

ゴルフ初心者の女性の方の多くはアウトサイドイン軌道でスライスしていることが多いですが、男性の場合は振り遅れてインパクトが詰まって左ひじが抜けてしまっているという人の方が多いと思いますね。

 

あなたが左ひじが抜けてインパクトで詰まっていないかを確認する上でもこのようにハーフショットでの練習を取り入れてみることは良いと思いますよ。

小さいスイングから作っていくというのはゴルフを上達させるための近道にもなりますしね。

あと、サイト以上にメルマガの方で詳しくスライスを直す方法をお伝えしています。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto