スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

あなたはスライスに悩んでいませんか?

スライスを直さないとゴルフが上達しません。

スライス打ちが体に染みつくと、それを直すのには時間がかかる場合がほとんどだからです。

スライスという球筋は飛距離が出ませんし、コースではOBになる確率が上がりますので、ゴルフを上達させるためにはスライスは早い段階で直しておく必要があります。

 

というわけで、あなたがスライスを直す解決策としてこちらの動画でスライスを直す方法を参考にしてみるといいでしょう。

 

それでは、動画の内容に入っていきましょう!

動画ではドライバーショットでスライスしてしまう原因として振り遅れについて解説されています。

ドライバーというクラブはアイアンや他のクラブに比べるとシャフトが長くなっています。

そのため、振り遅れやすいということが言えます。

そして、振り遅れのスライスは打ちだしから右へ飛んでそこからさらに右へ曲がっていきます。

右へ右へと曲がっていく球筋になります。

これはいわゆるスライスの中の、プッシュスライスと言われる球筋です。

このプッシュスライスが出てしまう原因は、飛ばそうとして体が先に開いてしまって、クラブヘッドが遅れて下りてきて、インパクトでクラブフェースが開いてボールに当たるということが主な原因です。

 

そこで、注意するポイントとしてバックスイングでしっかりと体を回すという事です。

バックスイングは手だけで上げてしまうのではなくて、しっかりと体を回してバックスイングするという事です。

しっかりと体を回しながらバックスイングすると左肩がアゴの下まで入ってきます。

そして、背中が目標方向へしっかり向いているかがポイントになります。

こうすることで、ダウンスイングの時に先に体が開くというミスに繋がりにくくなります。

たしかにこれはまっとうなことを言っているなって、僕も動画を見て思いますが、それでも振り遅れるという人は多いです。

そういった人は体の回転ばかりを意識してスイングしているというのがあります。

つまり体を回すことに気を取られて腕をローテーション出来ていないというのがあります。

こうなると振り遅れて右へプッシュアウトしていきます。

だから前腕ローテーションさせることを覚えることをまず第一に考えていただきたいと思います。

 

ダウンスイングからインパクトにかけて

 

通常ドライバーでは左足側にボールをセットしてアドレスします。

この左足側にあるボールを打ちに行ってしまうと体が左へ流れてクラブが振り遅れたり、グリップが左側へ流れすぎてクラブが振り遅れるという事になります。

たしかにダウンスイングでトップから左腕を力ませてクラブを引っ張り下ろして来たらそうなります。

でも、これってたいてい腕の使い方が間違っている人はこうなってしまいます。

動画で解説されている通りですね。

ですので、まずは右足の前に仮想のボールをイメージしてみましょう。

動画のように右足の前に仮想のボールを置いてみてください。

そして、この右足前にあるボールをスクエアにインパクトしてまっすぐに飛ばすことをイメージしてみましょう。

このようなイメージでスイングすると体が早く開いたり、左側へ体が流れたり、突っ込んだりと言うミスがなくなってくるでしょう。

そうなることで、クラブヘッドの振り遅れがだんだんなくなってきます。

そして、実際にインパクトのところでクラブフェースをスクエアに戻すことができるようになるでしょう。

ただしこれはアウトサイドインでカット軌道のスライスを打っている人にはおすすめできません。

この意識を持ったらさらにアウトサイドイン軌道が強くなってしまって余計にカットスライスが出るのが目に見えていますからね。

だからアウトサイドインでスライスするという人は絶対に右足前にあるボールを打つなんてイメージはしないこと。あくまで振り遅れのプッシュアウトスライスが出ている人には有効であるということを理解しておきましょう。

でも正直この意識でダウンスイングしても球がつかまるようになる人とそうでない人に別れます。

すくい打ちの手首の使い方とか腕の使い方になっている人はこのようなイメージを持って球を打ったところで何も変わりません。

スライスが出続けます。

だから、結局はプッシュアウトスライスを克服するためには腕のローテーションを練習する以外に方法はないです。

すくい打ちをやめて、正しくフェースターンを使える腕の動きを覚えるしかないです。

そして、その方法を詳しく動画で僕が解説してますのでこちらを見て腕がローテーションするという正しい意味を理解してほしいと思います。これができるようになったら8割スライスを克服できたと言っても過言ではないですからね。

腕は必ずスイング中にローテーションさせること

 

話を戻しますが、今回は以下の事を動画でお伝えされています。

まず、プッシュアウトが出るならあなたもこの2点を注意して練習してみてください。

1、バックスイングでしっかり体を回すこと

2、インパクトは右足の前をイメージする事

ぜひ、練習で試してみてください。

ということで、今回の内容は以上になります。

 

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto